« 甲子園(全国高校野球選手権大会) | トップページ | 子どもは隠れるのがお好き!? »

2006年8月11日 (金)

そろそろお盆休み

世間はもうすぐお盆休みですね。ラジオで交通情報を聞いていると渋滞情報が増えてくるので季節の移り変わりを実感しています。街を歩いていても「○○日~△△日までお休みします」という張り紙を見かけるようになってきました。

こういう時に意外と大切になってくるのが病院関係の休診日です。かかりつけの病院もお盆になると休診になったり診察時間が短縮されるので、あらかじめ電話などで休みを確認しておくようにしています。休みの前後は診察も混むので予約できる場合はできるだけ避けるようにしています。

ただ私が勤務していたのは公立病院だったり半官半民の施設だったのでお盆は関係なかったんですよね。むしろ職種毎に最低1人は出勤するよう要請が出ていたので(もちろん1人の場合は仕方ないですが)、話し合ってシフトを決めていました。逆にお盆の方が「父親が休みだからこの機会に訓練を見てほしいので予約を入れたい」という要望も意外と多かったため、私はできるだけお盆は勤務するようにしていました。

そう言えば以前救命救急センター併設の病院に勤務していた頃は、この時期になるといつもは他の病院にかかっている人たちが殺到していて、救急外来にはぐずる子ども達とグッタリした親御さんたちで外来が満員状態でした。なぜか子どもって普通の病院がやっていない時に限って具合が悪くなるんですよね。親にしたら「なぜこの大変な時期に!?」と思うでしょうし、医療費も救急+時間外+初診料+…と特別料金がどんどん加算されていくので気が気じゃないというのが本音でしょう。

そういうこともあってかこの時期の救急外来は心なしか殺気立っていて、そこを通らないと帰れない身としては待ち合いからの視線はとても痛かったです。いや、こっちも残業してようやく帰れるんだし、お盆で人少ないからやることはいつもより多いんですけど…と心の中でつぶやきながら急ぎ足で帰路についていました。

いい思い出と言えば人が少ないので妙に居残り組みで連帯感が湧くこと。「世間は休みでも、がんばっている私たち」ということで、それまでは苦手だと思っていた人と話すきっかけができてそれ以降気軽に話せるようになったり、ドクターと普段できない話ができたりとそれはそれで楽しい時間でした。

|

« 甲子園(全国高校野球選手権大会) | トップページ | 子どもは隠れるのがお好き!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185791/11389263

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろお盆休み:

« 甲子園(全国高校野球選手権大会) | トップページ | 子どもは隠れるのがお好き!? »