« 真夜中の訪問者 | トップページ | 10年日記 »

2006年11月 8日 (水)

利き足と回転

トリノオリンピックで荒川静香選手が金メダルを取った影響もあってか、今年はフィギュアスケートの放送枠が増えていますね。BSだと地上波ではあまり放送されないペアやアイスダンスといった競技も放送されるし画像もきれいなので楽しんでいます。

そんなある日テレビを見て「あれ?何か違うぞ」と気付いてよく見たらその選手は一般的な選手とジャンプやスピンの回転が逆なのです。すぐに「ああ、利き足の関係だな」と分かってよく見ていると多くの選手は利き足が右なので軸足が左足なのです。そのため回転が左回転になります。それに見慣れているとたまに利き足が左の人がジャンプすると回転が反対の右回転になるため不思議な感じがしたようです。

ペアやアイスダンスの選手で軸足が違う人が組んで一緒にジャンプやスピンをするとミラーになるので回転が同じ方向のペアとはまた違った感じがして見ていて興味深かったです。

人間というのは優位な器官があって、有名なのが利き手ですが、他にも利き足、利き目、利き耳というのがあります。利き足の場合は大抵の場合利き手と同じ側であることが多いのですが、たまに利き手が右の人でも利き足は左、ということがあります(左利きの人も同じです)。そしてまれに両手利きという人もいます(矯正されたわけではなく、生まれつきどちらの手も同じ位できる人のことです)。

海外の選手は案外左足が利き足の人が多いのですが、アジア系の選手はほとんど利き足が右なので「もしかして利き手と同様に利き足の矯正とかもあるのかなぁ」と思いながら眺めていました。夫に話したら「それもあるんだろうけど、案外利き足というのがあるって意識していないからじゃない?だから先生がやっているように練習しちゃうから同じ方向でしか回らないからそれで定着するんだと思う」という指摘をされて「ああ、なるほど。そういうこともあるかもね」と妙に納得。

確かに療育で左利きの子どもに右利きのお母さんが「箸を教えたいけど、私が左で教えられないからどうしよう」と悩んだ末、結局右で教えて子どももそれで覚えてしまった、というケースがあるからそういうこともあるんでしょうね。でも私の場合脚力はかなり左右差があるから、反対にしろ、と言われるとちょっと反利き足では正直キツイ…。通常はあまり気にならないのでしょうか?

まあ、利き足なんてスポーツ以外はあまり関係ないでしょうし、利き目や利き耳も日常生活で意識している人はほとんどいないでしょうから(実際夫に聞いてみても「どっちだろう…?」という曖昧な返事でした)、「そんなこと気にしてどうするんだ?」と言われるとそれまでなのですが、利き手、利き足、利き目、利き耳全て左という少数派としては指導する人たち(コーチや教師、親も含めて)にもう少しこういうことにも気付いて欲しいな、という思いがあります。

5歳頃工作ばさみで切れずに先生に訴えたら「切れるじゃない。バカね」と言われて「だって先生は右手で切ってるじゃん!私は左利きだからうまく切れなかったんだもん!」ととても悔しい思いをしたことがあるので、余計にそう思ってしまうのかもしれません(結構執念深いかも…)。

|

« 真夜中の訪問者 | トップページ | 10年日記 »

コメント

我が家の4歳の息子は、書くのと食べるのは左(はさみも)だけど、独楽をまわしたり、フリスビーは右!投げるのも右!打つのも右!蹴るのも右!う~ん( ̄_ ̄)
悩んでしまいます~。

投稿: ちゃめろん | 2006年11月15日 (水) 21時29分

ちゃめろんさん、コメントありがとうございます。

4歳だとまだ利き手や利き足が固定していないし、中には細かい動作と力を要する作業では手が逆になるケースもあります。

私は巧緻性を求められる作業は右手の方が得意ですが、力を要する作業は左手の方が得意です。

あとは親の手本どおりに最初やってそのまま固定してしまうこともあります。案外本人も気付いていないこともありますから、様子を見て本人がやりやすい方にすればいいと思います。

投稿: coach-murakami | 2006年11月16日 (木) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185791/12606670

この記事へのトラックバック一覧です: 利き足と回転:

» 中田英寿の恋人?白雪が出ている映像 [あがり症を克服!100人の前でも緊張しない話し方や司会方法]
荒川静香さんに似ている記事を更新しました。ご興味がありましたら是非ご訪問ください。尚、トラックバックは大歓迎です! [続きを読む]

受信: 2006年11月11日 (土) 23時38分

» 青年海外協力隊で言語聴覚士 [言語聴覚士(Speech Language Hearing Therapist)]
青年海外協力隊でも、言語聴覚士が活躍しています。ある方は、病院のリハビリテーション科で言語聴覚士として7年間勤務した後に、2年間青年海外協力隊としてメキシコで言語聴覚士と活動したそうです。その派遣の目的は、市のリハビリテーションセンターに言語療法室を開き言語聴覚療法を行なうことでした。... [続きを読む]

受信: 2008年4月23日 (水) 13時32分

« 真夜中の訪問者 | トップページ | 10年日記 »