« うーん、残念 | トップページ | しょうがプリン »

2007年3月10日 (土)

声のセミナー、終了!

2月、3月と2回にわたって行った声のセミナーが無事終了しました。当日は予想以上に皆様頑張った成果を披露してくださり、お互い驚きの声+拍手で努力を称え合いました。

ここで改めて実感したのは自分の声というのは毎日聞くのでなかなか変化がわかりづらい、ということ。元々自分の声は耳から聞こえてくる音声に加えて骨導音(音の振動が頭蓋骨に共鳴する音)も加わるので他の人が聞く音とは全然違って聞こえる、という性質があります。

それに加えて変化が少しずつなので人間というのはそれに慣れてしまうのです。だから他人の変化には気づけるのに、自分の声については一様に皆さん「ちょっと自信がないんです…」と弱気だったのが印象的でした。

そういう意味では2回目で皆さん顔見知りになってお互い話をしやすい雰囲気だったのは良かったようです。いい連帯感が生まれて承認し合えたことは少人数ならではのメリットだと思いました。

第二回目は構音や音声から見た日本語の特徴などを中心に話してから話し方の工夫などについて講義しました。講義中も質問が飛び交い、参加者のモチベーションの高さに支えられた感じがしました。

この講義を通して気づいたことは

1.音声を意識的に学習したくても学習する機会がほとんどないということ

世の中には歌などのボイストレーニングはあるのですが、話し声について仕組みを説明するようなチャンスがほとんどないようです。声のセミナーや評価をしてみて感じたのは「あれ?何か違う」といった感じの指摘をする人はいるけど、それ以上の段階には行かないということ。

今回のセミナーでも私が「ここがこうですね」と説明しても目で見るようには違いが分らないため、「ええっ?」という反応があって、そこをフォローしきれなかったのが反省点として残りました。細かい音の聞き分けについてはそれ専門のクラスを別に設ける、といったステップ講座が必要な感じです。

2.何がいい声か、ということ自体が曖昧なこと

日本では女性の話し声(特にアナウンサーやタレント)がどんどん高くなっている傾向がある、と言われています。実際テレビで話している女性のほとんどが裏声で話しています。

今回のセミナーでも女性参加者に裏声が多かったのですが、トレーニングで声の状態が改善されることで声に深みが出て聞き取りやすい声に変化している人が何人かいました。

日本ではどうも「高い声が女性らしくてかわいい」というイメージがあるようですが、ジェンダーとして社会がそういう役割を求めているのかもしれませんね。

外国の人の中には「日本人女性は何であんなにキンキンした声で話すのか。すごく耳障りだ」と言う人もいます。実際海外のニュース番組を見ていると女性アナウンサーはかなり低い声で話していますし、ソフトな感じでとても聞きやすいのです。

女性らしく柔らかい印象をもたれたいのなら、話し方の工夫でいくらでもできるのだから、無理に高い声を出す必要はないのに、というのが私の正直な印象です。

でもよく考えたら、1.にもあるように学習する機会がないからテレビなどの声を知らないうちに学習してそれに合わせているのかもしれませんね。

3.音声について教える、というのは視覚的な支援が必要

音声は聴覚からの情報ですから、当然求められてくるのは聴覚的な情報処理能力です。それに加えて発声や構音は運動ですから感覚的な学習の能力も求められます。しかしこれだけでは学習してもらうのはかなり難しいのです。文字などの資料も必要です。そして文字では表せない単位で音を聞く練習をする場合、さらに細かいフォローが必要だ、ということが今回セミナーをやってみてよくわかりました。

例えば私が「裏声ですね」と言っても参加者の皆さんがそれになかなか気づけない。裏声の声帯などの様子ももちろん見せたりするのですが低い声の裏声だと地声との区別がつかないこともあります。

自分が当然だとわかっていることを相手に教えるというのは本当に難しいなぁ、と改めて感じました。

また日本語の表記上は同じでも微妙に違う音だと「この音とこの音は違います」と言ってもどこが違うのかもわかりづらいのです。この辺りも視覚的な補助情報をどうやって出すかが課題になると思いました。

4,5月のセミナーではこのような反省点なども踏まえてさらにパワーアップしたプログラムにしていきたいと思っています。

興味のある方はこちらもご覧ください。

|

« うーん、残念 | トップページ | しょうがプリン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185791/14239145

この記事へのトラックバック一覧です: 声のセミナー、終了!:

« うーん、残念 | トップページ | しょうがプリン »