« 夫のいびき+歯ぎしり対策 | トップページ | モブログ確認 »

2007年3月31日 (土)

舌小帯の手術

夫は元々舌小帯短縮症です。舌の裏側に細いひだみたいなものがありますよね。あれが舌小帯と言って舌と下顎をつないでいます。夫はそれが短いために舌をスムーズに出したり、動かすことが苦手です。特に舌を前に出すのは口唇までが精一杯で舌の先端がハート型になるし、舌を上下に動かすといったことはほとんどできなかったような状態でした。

幼いころはサ行やラ行の構音がスムーズにできず、担任の先生からも「赤ちゃん言葉を治すよう頑張りましょう」と指摘されたそうです。「だったらその時歯医者に行くよう言ったらいいのに…」と思うのですが、その先生も何が原因だったのか分らなかったのかもしれませんね。

夫の状態には同居を始めたころから気付いていて、機会があるごとに色々話し合っていました。それでも夫が決意するまでは、と様子を見ていたのですが、夫なりに舌を動かせないことにはコンプレックスがあったようです。

またいびきとの直接の原因は明言できないのですが、観察していると舌小帯短縮症がある→舌が動かせない→舌の筋肉が鍛えられないため、筋力が弱い→睡眠時舌が気道の方へ落ちてしまう→いびきをかく、ということがありそうでした。

夫が決心していびきの相談ついでに今回受診した歯科医院で相談したところ「簡単な手術だから」ということで思い切って切除術を受けることになりました。当日は私も付き添い、手術を見学しました。

舌に麻酔をして糸で舌を吊り、剃刀で舌小帯を切除し、切った所を縫合して終了。担当した歯科医や主任さんも私が言語聴覚士だということを伝えたら状態について詳しく説明してくれました。

今回見学して改めて気付いたのは夫の舌を動かす筋力がとても弱いということ。またどうやったら舌をイメージ通りに動かせるかがよく分かっていないようでした。ですから歯科医や主任のナースが指示を出してもどうやったらいいか分からずに軽いパニックになっていたのです。しかしそこであれこれ口出しするのは必ずしもいい結果にはならないので、一度だけ「もっと舌を出して」という指示を歯科医が出した時に「たぶんそこが限界です」ということだけ伝えました。

でもよく考えてみれば舌を自分の思い通りに動かせる人は意外に少ないものです。そして構音以外の動作で指示を出してもイメージがつかめないことは声のセミナーの時にもありました。この辺りが医療関係の専門家側のイメージと一般の人たちの現状のギャップなのでしょう。もう少し専門家もこのギャップを意識して患者と接することが現在ある医療不信の改善にもつながるのでは、と思いました。

また以前耳鼻科で受けた簡易検査の結果が出てきたのでそれを見せて相談したところ「睡眠時無呼吸症候群として治療対象になりうる値です」という返事でした。ただし詳しくは専門病院での追加検査が必要とのことで、これは舌小帯の抜糸後にまた考えていく課題となりました。

|

« 夫のいびき+歯ぎしり対策 | トップページ | モブログ確認 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185791/14500261

この記事へのトラックバック一覧です: 舌小帯の手術:

« 夫のいびき+歯ぎしり対策 | トップページ | モブログ確認 »