« 近況報告 | トップページ | 舌小帯の手術 »

2007年3月29日 (木)

夫のいびき+歯ぎしり対策

同居を始めた頃から夫のいびきには悩まされていたが、最近それに歯ぎしりも加わってきた。以前はそれでも私の方が早く寝ていたし、夜中に起きることもあまりなかったのでうるさいと思うことはあっても何とか許容範囲だった。

5年程前耳鼻科で簡易検査をした時も呼吸が止まっているわけではないので、横向けで寝るようにするなどして様子を見ましょうということになった。

しかし私が間質性膀胱炎になってからはそうは行かなくなった。夜間に何度か起きてトイレに行った後、寝ようとすると耳元でいびきの「ゴゴゴ…」という音が絶え間なく聞こえてくる。下顎をあげたり顔を横に向けてもすぐに元の姿勢に戻ってしまい、またいびきをかきだす。時折それに加えて「コリコリッ!」とリスがクルミをかじっているような高音の歯ぎしりが加わるため、なかなか寝付けずに正直げんなりして朝を迎えたこともあった。

夫も口にテープを貼ったり横向けに寝たりと本人なりに工夫をしていたのだが、やはり無意識の行動なので限界があった。

色々観察していて夫の場合は
1.下顎が小さいため、仰向けになると舌の位置が下がり、気道をふさぎやすい
2.歯並びが悪いので顎が不安定になり、歯を食いしったり歯ぎしりをすることで顎を安定させようとしている可能性がある
3.鼻炎があるため、鼻呼吸がしづらい。それがいびきの症状を悪化させている
4.軽度の舌小帯短縮症があり、舌が前に出しづらい(口唇の少し先が限界)

音を聞いていると鼻よりも舌や顎の影響の方が大きいようなので、マウスピースが有効な印象だった。夫も「この機会にいびきを治せたら」ということで、ネットで調べていびきなどに詳しい歯科医院に相談に出かけた。

費用面などの検討の結果、マウスピースは通販で購入して自分で作成し、舌小帯短縮症は相談した歯科医院で今週末手術することになった。

一昨日マウスピースが届いたので早速作成。装着してもらって仰向けで舌の位置などをチェックしたら装着していない時よりも改善していた。

ここ2日ほどの使用した印象はほとんどいびきをかかなくなっていて、正直その効果にビックリ(枕の角度によってはかくことがあるのでこれは今後の検討課題)。夫も特に違和感ないし、昼間の眠気が減少したようだ、ということだった。やっぱりいびき+歯ぎしりは体に負担だったようだ。

|

« 近況報告 | トップページ | 舌小帯の手術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185791/14446505

この記事へのトラックバック一覧です: 夫のいびき+歯ぎしり対策:

» 歯ぎしりバスター [歯ぎしりバスター]
歯ぎしりの原因や治療・予防、歯ぎしり防止のマウスピースなど。歯医者さんが作った、歯ぎしり専門の情報サイトです! [続きを読む]

受信: 2007年4月20日 (金) 13時31分

« 近況報告 | トップページ | 舌小帯の手術 »