« 第二回交流分析セミナー | トップページ | 年金問題 »

2007年5月19日 (土)

第二回声のセミナー終了!

お陰様で、声を使う仕事の人のためのボイスマネージメント講座(全2回)の2回目を行うことができました。

講師としては1ヵ月後の声の変化が楽しみなこの講座。今回は特に表声(地声)と裏声(歌声)を評価を交えて話をしたせいか、自分の声の出し方に対して納得されていた方が多かったのでかなり期待して臨みました。

結果は、前回声が小さくて遠くの人に聞こえなかった人が今回はかなり声量がアップしていました(同席していた参加者からも「こんなに変わるものなのですね!」と驚きの声が)。エクササイズも効果が出ることが納得してもらえたのも収穫でした。

それと同時に今回の講義で私が一番変化が大きいと感じたのは最初の声に対して意識していない、自信がない、という姿勢から「自分の声に対して自信が出た」「喉の状態を意識するようになった」という姿勢への変化でした。声に対するアンテナが立ったせいか、「こういう時は声の調子が悪かった」「こういうことを気を付けたら声が出しやすかった」といったフィードバックが多かったのが印象的でした。

今回の内容はそれをさらにパワーアップさせるためにさらに進んで講音、つまり発音や話し方について話をしました。私たちはふだん何げなく話していますが、実は発音にも発達過程があり、文化や言語、そして育った地方による影響を受けています(方言などはそのいい例ですね)。

講義では初めてのことも多かったせいか、納得されるまで時間がかかった方もいらっしゃいましたが、その後実際の発音例を聴いて考えるエクササイズなどに入ると皆さんどんどん耳が鍛えられて「あ、この音がおかしいですね」「あ、だからこんな印象になってしまうんだ!」といったフィードバックが次々出てきました。

この講義を通して知ってほしかったことをどんどん皆さんが自分で発見してもらえるようプログラムも見直したのですが、その成果が出たのは講師としてとてもやりがいを感じました。

最後の感想でも何人かの方に「いい声は決して一部の人が生まれつき持っているものではない」「理屈がわかれば対処ができる」「声はトレーニングで変われる」ということが実感できたと言ってもらえて本当に嬉しかったです。

最近テレビなどでも声のトレーニングをする話が出てきているせいか、声に対して関心が高まっているようですね。お陰様で6月、7月もセミナーを開催することになりました(残念ながらもう満席になってしまいました)。

今はキャンセル待ちをしている状況ですので、興味がある方はこちらへお問い合わせください。

追記:現在キャンセルが出て、2名空きが出ました。興味がある方はこちらからお申し込みください!

|

« 第二回交流分析セミナー | トップページ | 年金問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185791/15320720

この記事へのトラックバック一覧です: 第二回声のセミナー終了!:

« 第二回交流分析セミナー | トップページ | 年金問題 »