« 声を使う仕事の人のためのボイスマネージメント講座III-1 | トップページ | 夏の保存食 »

2007年6月28日 (木)

暑い…けど寒い!

梅雨だというのにこちらはここ数日30℃近い暑さが続いています。夫の仕事部屋はさすがにクーラーをつけていますが、私は部屋の窓を開け放って半分我慢大会状態。熱中症になってはいけないので梅干し番茶や常温のジュースなどを飲みつつ仕事をしています。

というのは私は冷房が大の苦手なんです。どうしても暑い日は31℃設定(たいていこの話をすると「それって冷房の意味があるの?」と突っ込まれますが…)にするのですが、それでも冷風が出てくると手足の先、首筋、お腹辺りが冷えてしまい、最後は片頭痛になってしまいます。

なので外出時は帽子をかぶり、首にはスカーフかタオルマフラー、足首にはレッグウォーマー、そして腹巻をして万が一の時にすぐに使えるように使い捨てカイロを常備しています。ホント、私にとっては電車や普通の建物の中って寒いんです。一番身体に堪えるのは外と建物の中の温度差で、暑さに順応していた身体に冷風が当たった時には骨まで「キーン」と冷えて体中が痛くなります。暑がりの人たちには「寒ければ着ればいいんじゃないの?」と言われますが、やはり冷房の寒さは自然の風と違って骨身にしみる寒さのため、着ても着ても寒気が取れないんですよねぇ。

この冷え症はかなり頑固で3年前体調を崩した時も猛暑だったのに職場で上着を着て膝かけをして仕事していましたし、あまりの寒さに耐えかねて8月下旬にフットヒーターを持ち込んだ時にはさすがに同僚達にも「そんなに寒いの!?」と呆れかえられました。

漢方治療をしてから多少はよくなっているのですが、やはり冷房が本格稼働する6月初め頃から暑さが収まる10月初め頃までは私にとっては「魔の期間」。特に冷えが改善されてきたのである所は冷えるのに、あるところは暑くて汗が噴き出してくる分、今年はちょっと工夫が必要になりそうです。

まあ、ここまでひどい人はあまりいないそうで、先日泌尿器科に診察に行ったら「僕、悪いけどあなた位ひどい冷え症の人って会ったことない」と言われてしまいました(泣。どうやら間質性膀胱炎がなかなか治らないのもこの冷え症の体質が関わっているようで、「まずは体質改善が課題だねぇ」とのこと。

しばらくは怪しい恰好で街をふらつきそうです。

|

« 声を使う仕事の人のためのボイスマネージメント講座III-1 | トップページ | 夏の保存食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185791/15649137

この記事へのトラックバック一覧です: 暑い…けど寒い!:

« 声を使う仕事の人のためのボイスマネージメント講座III-1 | トップページ | 夏の保存食 »