« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月30日 (火)

鹿児島講演終了

27日から29日までシンユーと鹿児島へ行ってきました。
資料を私がほとんど作ったせいか、シンユーは半分旅行気分だったみたいです。

それで私がムッとして「遊びに行くんじゃないんだから、話す内容をもう少し考えなさーい!」と彼に雷を落としてしまいましたが、当日は彼なりにしゃべって講演もおおむね好評だったのでホッとしました。

午後はコーチングの研修して夜は主催者と親睦会。話をしてみるとやはり東京近辺って情報やサービスの量が全然違うんだな、と改めて実感しました。

長野へ行った時にも同じような話題になったけど、インターネットなどで情報はある程度得られるようになったとは言え、いざサービスを受けようとするとやっぱり地域格差というのは歴然とありますね。

でも発達障害の子どもはどこにでも生まれるのだから、地域格差が少しでも減るといいなぁ、と思わずにはいられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

ちょうど10年

夫に初めてメールを出したのがちょうど10年前の今日。
メールを出した時には付き合う気はもとより結婚なんて全然考えられなかった。

それがメールを出して1月後にはもう付き合い始め、半年後には一緒に暮らし始めていた。
人生何が起きるか本当に分からないものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

鹿児島講演

来る10月28日(日)に鹿児島で発達障害関係の講演をしてくることになりました。

午前中は当事者、ご家族、支援者対象に夫と成人の発達障害を取り巻く状況などを含めた話をしようと考えています。

幼いころから療育を受けて育った私と成人になってから発達障害を知った夫というタイプが違う2人なので、主催者にお願いしてあらかじめ参加申し込みを希望された方からアンケートを取ってもらい、どういう話が聞きたいかをリサーチしました。

当日は私が主に話をしながら適宜夫にインタビューするという形にしようと思っています。まあ、一種の公開コーチングですね。夫は人前で話すのがとにかく苦手なので、上手に話ができるよううまく質問して彼の話を引き出さないといけないため、私のコーチとしての実力も試される感じです。

午後は支援職の方対象に「コーチングの基礎研修+発達障害の人へのコーチング」について話をしてきます。

14日に医療コーチング研究会で予行練習をしてきたところ、「村上さんの強みは発達障害を知っていることだから、発達障害のケースに使う場合のヒントをもっと盛り込んだ方がいい」というフィードバックをもらいました。

現在そのフィードバックを基に原稿を手直ししているところです。興味がある方はこちらへご連絡ください(主催者側に連絡がいきます)

今週末は4回目の声のセミナーの第二回。準備も佳境です。とにかくやれるだけのことをやって皆さんに楽しんでもらいつつ、たくさんの学びを提供できたらと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

超整理手帳

来年の手帳、何にしようかと売場を見ていたら目に入ったのがこの超整理手帳

私は雑記帳に無印のA5ノートにナイロンのノートカバーをつけて使っているので折り方を工夫するとジャストA5サイズになってちょうどいい感じ。資料を挟むことを前提に作られているコンセプトなども私の事情に合っている。

メインのスケジュールをGoogleカレンダーに記入してあるので紙の手帳は大まかなものが分かればいいのでできるだけ薄いのが欲しかったのとA4を4つ折りにしている点がちょうどいいので基本のレフィルだけ買ってみた。

帰宅後いろいろ調べてみたらまさにA5サイズの手帳カバーなどもあって私が使いたいスタイルで使っている人も多いらしいことが分かった。ダウンロードできるレフィルなども充実しているのでしばらくこの手帳を使ってみることにした。

カバーをあれこれ見ていたらイームズのカバーでA5サイズのものもあって心惹かれたけど1万円以上はちょっと高いなぁ。

手帳だけ持ち歩きたい時用の標準サイズのカバーもほしいけど、どれもちょっと高めだし、使わなくなったら悔しいのでしばらくは今のスタイルで我慢します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

純金こけし

純金こけしは「ふるさと創生事業」の1億円を活用して平成元年に制作され、黒石市の「津軽こけし館」に展示されていたもの。

ところが黒石市が財政難のため、このこけしの売却を決めたため、オーナー制度にして地元に残そうと一口1万円で全国に募集していたのです。

義父が黒石の出身という関係で申し込んでいたのですが、募集人数分集まらなかったそうで解散となりました。

さて、時価1億5千万円の純金こけしの行く末はいかに…!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »