« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

大掃除

ようやく晴れたので午前中は大掃除。夫は2階と3階の吹き抜けの窓ふきとベランダのふき掃除と床掃除で、私はシンク下の排水溝、電球や高い所のほこり取り、電子レンジの掃除などをしました。

吹き抜けの窓ふきはずっと前から気になっていたのでようやくきれいになってホッとしました。かなりの重労働なので夫もちょっと疲れた様子。忙しいのにどうもありがとう。

本当は冷蔵庫の中なども掃除したかったけど、二人とも今日締め切りの仕事を抱えているので区切りのいい所で終わりにし、あとはもう少し暖かくなってから行うことに。

来年からは祝日とか二人で動けそうな日の午前中だけでも「掃除の日」にして気になるところで私ひとりでは大変な場所(カーテンの洗濯・取り付けなど)をやりたいなー、と思いました。

あと以前から私が掃除することに対してイライラする原因が今日ようやくはっきりしたのも収穫でした。

私は定期的に「あ、あそこが汚い!」と思うと掃除したり整理する人間。なので休みの日などは夫が仕事している時にこちらはいらない本やクローゼットの整理やふろ掃除などをしてヘトヘトになっていることがあります。

もちろん私がやりたくてやっていることですし、夫も頼めば手伝ってくれるのですが、普段夫は決められた所しかやらない(それだけでもやってもらえると楽なのですが…)「なんでこういう大変な掃除は私ばっかりなの!?」というちょっと被害妄想的な気分になっていたのです。

夫からすれば「僕は掃除をするいい夫だ!」ということなのでしょうが、私からすれば「細かい所はやらないじゃーん!」という気持ちの食い違いがあるなー、と思いました。

来年はもう少し整理整頓や掃除について夫婦で話し合う必要がありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月30日 (日)

灯油切れ…

我が家の床暖房は温水式。エアコンもあるけどやっぱり床暖房の温かさを知ってしまうとこれに敵うものはないです。寒い日の夜はエアコンを使うこともありますが、冬でも昼間は床暖房だけで過ごせます。

そんなに室温が高くなくても足元が暖かいとこんなに過ごしやすいものなのか!と床暖房を使い始めて気づきました。
くつろぐミーちゃん
ミーちゃんもよく床やキッチンマット(下に床暖房のパネルがあるので最高に暖かい)の上でのんべんだらりんと寝そべってくつろいでいます。

ただ家を建てた頃は電気やガスの給湯機でパワフルなものがなかっため、熱源を灯油にしたので定期的に給油してもらわないといけないのが玉に傷です(2階はフロアのほぼ全体を床暖房にしたため)。夏場はまだいいのですが、冬に灯油切れになると本当に困ってしまいます。

そして今朝、「あ…灯油切れだ!」と夫の声。今夜灯油の移動販売の車が来ると聞いていたのでそれまで我慢することにしましたが、やっぱり寒い!おまけにお昼頃雹が降ったせいもあってか、夕方以降はどんどん寒くなってもう限界。

夕飯を食べていたらようやく待ちかねていた灯油の車が来たので入れてもらいました。給湯機の水も切れていたのでついでに補給し、やっと床暖房が作動。やっぱり床暖房は冷え症の私にとっては本当にありがたいです。

それにしても今年の原油高は本当に困りますね。夫の記録を見ると灯油価格がこの3年で2倍近くに跳ね上がっています。新聞を読んでい ても北国の方は灯油代が高いために石油ストーブが使えず、寒い部屋で我慢している人も多いようです。

健康面にも影響するものなので、せめて寒冷地には何らかの対策をしてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

認定コーチ合格!

昨日の午後3時に認定コーチの結果発表だったのだが、あいにく発達相談の仕事が入っていてすぐに見ることができなかったし、仕事中はすっかり忘れていました。

ようやく仕事が終わっても今年が発達相談の仕事納めなので派遣元の元職場にも行って仕事納めのあいさつしてあれこれ話していたらすっかり遅くなってしまいました。

そんなこんなで8時半過ぎに仕事から帰って早速パソコンの前へ。コーチしてくれた人からは「あなたなら大丈夫でしょ」とは言われていたけど、やっぱり結果を見るまではドキドキ。webページで番号確認したら無事番号がありました!

色々な人の協力なしには取れなかった資格なので、その人たちのためにもぜひ受かりたかったので、本当に良かったです。

いいクリスマスプレゼントになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

「ドキュメント 考える 石田衣良の場合」

今夜NHK総合夜11:00より「ドキュメント 考える 石田衣良の場合」という番組が放映されます。

「考える」プロに課題を与え、思考・思索のプロセスに密着し、答えを導き出すまでの秘密に迫る、という内容です。

石田さんとは「ハートをつなごう」の仕事で何度かご一緒させてもらっているのですが、問題の要点を素早く見抜く力や視点を変える質問力はさすが!と思わせるものを持っている方です。

また毎日多忙なのに(先日の「ハートをつなごう」の収録時もその前に取材4つと短編1本書いてから来たとのこと!)それを楽しんでさえいるようないい意味での力の抜けた姿勢にいつも驚かされています。

今回のミッションは「自殺願望を持つ少女が自殺をやめたくなるような童話をつくる」というもので制限時間は48時間とのこと。彼がどのような答えを出すか、今から楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

メリークリスマス

div class="lh_120">クリスマスイブ、ということで夫と午後からショッピングモールへ出かけた。フードコートで食事をして着物のクリーニングを頼み、その後二人で買い物。

私が普段使っている水筒より軽くて保温性があるものがないか探してみたが、いま一つ気に入ったものがなくてネットで探すことにしました。

帰宅後ネットで探したら今使っている水筒用の部品と、ちょっと気になる水筒が見つかったので購入しました。今はネットの方が在庫が豊富で比較検討できるのでついネットで買い物してMIHARUさんのクリスマスケーキしまいます。

昨日クリスマスケーキも届いたので早速食べています。我が家のクリスマスケーキはシンユーの友人でラテンアメリカ料理研究家のMIHARUさんが焼いてくれた物。このケーキを食べると改めてクリスマスが来たことを実感します。

彼女が作るのはペルー産のキヌアと福島産の小麦粉、コロンビア産の天然きび砂糖のパネラ、発酵バターといった厳選された素材を使ったケーキでとてもおいしいです。素材の味を楽しみたい、という方にお勧めのケーキです。今年もケーキを焼いてくれたMIHARUさんに感謝です。

食べてみたい、という方は27日迄に申し込めば30,31日,元旦のいずれかに届きます。ケーキは大きいもので3,000円、小さなもので2,000円です。他に送料がかかります(この写真は小さな角型のもの。大きなものは丸型です)。こちらに問い合わせると申し込めます。
丸型の写真が見たい方は「キヌアケーキ MIHARU」で検索してみると紹介ブログなどが出てくるので探してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

時間感覚

夫はよく「あと~分!」と言って私を待たせることがあります。でもその時間の範囲内で終わることはまずありません。そして私に「そういう守れない時間を言うのなら、言わない方がいい!」と叱られています。

今日も私が昼食の支度をしていると「あと10分で仕事終わるから!」と言うので「ふーん。じゃあ、本当に10分で来てよね」(←かなり陰険かも)と言ってキッチンタイマーで計ってみました。

結果は…。10分でタイマー鳴っても来ないじゃーん。「まーったく」と思いつつ食事の支度を続けていると結局さらに20分ほどしてから夫が「お待たせ~♪」とやってきました。

「あなたの10分は時計の30分に相当するのね」と結果を伝えると夫はタイマーが鳴ったことすら全く気づいていなかった様子。

いつもの動揺して挙動不審になるという「静かなるパニック」を起こしつつ、自動再生状態で謝ってきました(たいてい「ごめんね」「僕が悪かったよ」「許しておくれよ~」の組み合わせでできています)。

そもそも夫は体内の時間感覚というのがほとんどないのです。一人暮らしの頃は寝たい時に寝て、食事したい時に食事するという形態だったようで、ますます拍車がかかっています。会社勤めの頃もプログラマという時間にルーズな職種だったから何とかなっていたものの、かなり職場の人には迷惑をかけていたようです。

反対に私はかなり時間感覚が正確で、「あと~分位で…する」というとたいていの場合は合っています(友人・知人とおしゃべりに夢中になっているときは例外)。むしろ生活リズムが狂うとてきめんに体調を崩してしまうタイプなので、この時間感覚の違いはかなり私にとっては問題なのです。

何度も話し合って調整していますが、今回は「前も計って同じような結果だったから、自分が思っている時間の3倍を目安に言った方がいいみたいだよ」と伝えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

コーチング仲間が本を出版します

コーチング関係の研修で知り合った仲間たちが本を出版することになりました。色々出版までの様子を見聞きしていただけに、とても嬉しいことです。

1冊目は「人の力を引き出すコーチング術」(平凡社新書:756円)です。著者の原口氏とは「声のセミナー」などでもお世話になっています。このセミナーのこともちょっと触れられているので探してみてください。

たまに「コーチングの入門書ってどれがお勧めですか?」と聞かれてなかなか「これ!」と言えるものがなかったので入門書として勧められる本が出て良かったと思っています。

この本は「まずコーチングってどんなものか?」「コーチングの経緯って?」という基本的なものを網羅しているし、実際どのように活用されているのかについても分かりやすく書かれています。

発売予定が来年の1月10日なのでそろそろ予約受付することだと思いますので、書店などでチェックしてみてください。

2冊目は「患者よ、もっとワガママになれ!」(角川SSコミュニケーションズ)です。こちらは私が所属している医療コーチング研究会のメンバーが書いています。私も協力者ということで奥付に名前を載せてもらっています。

こちらは診察や入院など、初めての経験で戸惑うことに対してどのように医療従事者とコミュニケーションを取るといいかといった受診時のポイントなどがまとめられています。

どちらもコミュニケーションについて考えるいいチャンスになる本だと思いますので、興味を持ったらぜひ読んでみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

ペアレントトレーニング・プログラム

アスペ・エルデの会の主催のペアレントトレーニング・プログラムに参加してきました。

こちらは日本財団の助成で作成されたワークブックを基に親への支援を考えるプログラムです。

会場には両親の他、支援職の人たちが集まって講師の辻井先生の講義を聴いた後にエクササイズをしました。

やはりコミュニケーションの障害というのは周囲の人との関わりで良くも悪くも影響されるものだ、と改めて認識しました。

それと同時に私の母は思春期以降の時は衝突しましたが、幼い頃の指示内容は比較的分かりやすかったな、と思いだしたことがありました。

例えば自転車に乗っていて危ない場面になった時も「危ない!」(これだと何がどう危険なのか分かりにくいし、どうしたらいいのかが子どもにとっては分かりにくい表現です)ではなく、「止まって!」「ストップ!」といった声かけをしていました。

また二列で走ってしまった時も「並ばないで!」と言い出しそうですが、そういう時も「一列になりなさい!」と言っていました。

発達障害の当事者の方と話をしていると、案外そういう声かけを経験していない人が多くて驚いたことがあります。だからどうしたらよかったのか分からなくて混乱してしまうことって多いし、自信をなくす、二次障害へつながるといった悪循環につながってしまうのかな、とも感じました。

来年1月27日は成人対象の講演とワークショップがあります。もうかなり申し込みがあるようですが、今日やったエクササイズの一部をやるので興味があったら申し込んでみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

「ハートをつなごう」収録

昨日は「ハートをつなごう」の収録をしてきました。今回も夫と一緒に出演です。

就労編パート2ということで、2人の方の状況がテーマです。

1人目はこの前出演した方が障害者職業支援センターで支援を受けながら実習している姿。もう1人は就職先の社長さんが知恵を出して支援をしている職場で働いている方の様子についてVTRを見ながら出演者のみんなでワイワイ話し合いました。

専門の先生たちとも話ができて、収穫大でした。発達障害について何も知識がなかったのに、試行錯誤でサポートをしてきた社長さんとも収録後もあれこれ話が盛り上がってNHKを出たのが夜中の1時近くになってしまいました。

放送日は

教育テレビ 1月7日(月)、8日(火) 午後8:00~8:29
再放送 1月14日(月)、15日(火) 午後1:20~1:49

です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

医療コーチング研究会セミナー及びパーティーのお知らせ

お世話になっている医療コーチング研究会で、設立1周年記念のセミナーとパーティーをすることになりました。

セミナーの講師は日野原万記先生です。テーマは「医療の現場にコーチングを広める意義」についてです。

厚生労働省が2008年4月から取り組む生活習慣病を予防するための「特定健康診査」と「特定保健指導」にコーチングを活用せよと指令が出たそうです。

そのもとになっているのが「標準的な健診・保健指導プログラム」で、そこでは「結果を出す保健指導」が求められています。特に、医師、看護師、管理栄養士などは「行動変容につながる保健指導能力」を有し、保健指導技術としてコーチング等のコミュニケーション技術が必要であると明記されました。

でもこれってこれらの職種に限らず、医療に関するすべての分野で必要だと思うのです。もちろんリハビリでは機能維持という目的の方もいらっしゃるのであまり変化を求められると困る場合もありますが、コミュニケーションを通して医療者側と治療を受ける側が納得した上でプログラムを行うことがこれからの医療に求められていることだと私は考えています。

興味がある方はこちらもご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

お店って…!?

昨日は着付け関係の用事で和服を着て外出していました。
帰りに泌尿器科に寄って薬を薬局で購入してさて、帰ろうと大宮駅を歩いていたら知らないおじさんに「ねえ、どこまで行くの?」と話しかけられました。
そこで少し話をしていたのですが、どうも話が噛み合わないのです。やがて判明したのがそのおじさん、私がどこか客商売のお店で働いている人だと勘違いしていたらしいです…。「いやー、どこかお店で働いているのかと思っちゃった。ごめんね~」と謝っていました。

確かにいまどき日常的に和服を着ている人なんて滅多にいないから仕方ないとは思うのですが、ちょっと寂しいものを感じたのも事実。
オフ会や集まりで和服を着ていくとみんなけっこう着物に興味はあるのが分かります。でも和服が私たちの手からとても遠い所にある、というのもまた正直な状況なのでしょう。
日本人の民族衣装なのだから、もっと気軽に着られる状況ができるといいな、と思ったで
きごとでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

遊んでいるつもりが…

Photo 毎日寒いせいか、ミーちゃんは最近甘えモードです。夏は抱っこしてもすぐに「暑い~」と逃げて行くのですが、冬はしばらく抱っこされても「ゴロゴロ~♪」と機嫌良くしています。

今朝も夫が新聞を読んでいると近付いてきたので、夫が抱っこしながら新聞を読んでいました。

「おお~。冬の風景だね~」と思いながら見ているとミーちゃんが甘噛みしてきました。こういう時は最初はふざけているので夫も余裕の表情で遊んでいます。

Photo_2 ただししばらくするとミーちゃんは遊んでいるのを忘れて真剣になるため、たいてい「ガブッ!」となるのです。今日も最後は「ガブリ!」とやったので夫の手に噛み跡がついてしまいました(右が証拠写真)。

しかしこうやって見ると夫は困っている時でも笑顔なのがよく分かります。実はこの時「あー、痛いよ!ミーちゃんダメ!!」とか言っているのですが、画面からは全然その緊迫感が伝わってこないですよね。

気持ちに合わせて表情を作ることって大事だな、と改めて思った出来事でした(なんか久しぶりに言語聴覚士とかコーチらしいこと書いたな~と思っているのは私だけでしょうか…)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

我が家の箱入り娘!?

Photo 資料を印刷しようと1階のプリンターの所へ行ったらこんな風景が…。

冬はプリンターが暖かいので、ミーちゃんが周辺に張り付いてしまいます。下手すると紙を排出するところの上にデン!と乗っかっていることも。

内部に抜け毛が入るとプリンターの故障の原因になるので夫がミーちゃん用に箱を用意しました。最近は1階の部屋にいる時は大体ここにいます。

文字通り箱入り娘。いや、ミーちゃんはもう13歳で人間で言うとおばあちゃんだから娘という年齢ではないですね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

名古屋から帰宅

Photo_2 昨夜遅くに無事名古屋から新幹線で帰宅しました。

今回留守番をしていた夫への名古屋土産は「宮きしめん」。麺類好きなのと、以前名古屋駅のきしめん屋で食べたきしめんのおいしさに感動していたのでこれにしました。

というわけで今日の昼食はきしめんです。ご馳走様♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

名古屋名物モーニング

Photo
やっぱり名古屋の朝食はモーニングでしょ。ドリンク代でサンドイッチとデザートも付いています。
しっかり食べて行ってきまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

名古屋にいます

JDDNETに参加する(というか、ワークショップを行う)ために名古屋へやってきました。

今回シンユーは留守番です。一人だし経費削減になりそうだったので高速バスで名古屋入りしました。東京駅からだと名古屋まで5時間ほど。中は案外快適で、寝たり発表や原稿の内容を考え事をしたり仕事関係の事務処理をしたりと思ったより仕事がはかどりました。

日常だと常時ネットでつながっているので、こういう外と距離を置いて自分だけの時間を持つことも大事だなと改めて実感しました。

名古屋に着いて早速宿へチェックイン。無線LANのある部屋にしたのでノートPCを立ち上げ、メールの返事を書いたり夫とチャットしたりしました。Googleなどのツールがあるのでメールなども家と同じように使えて本当に便利ですね。

夕方から名古屋の駅に出て鹿児島講演でお世話になった先生方と夕食。手羽先を堪能しました。名古屋は好景気のせいか、人が多くて街に活気がありますね。

明日は10時からワークショップです。自分が考えていることを伝えられたらいいな、と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »