« 遮熱カーテン取り付け | トップページ | ロイファー X-Band »

2008年8月 5日 (火)

「あの日」がやってくる

明日は8月6日。広島に原爆が落とされた日です。最近はこの日が何の日か知らない(あるいは思い出せない)人が増えたとか。時代の流れとはいえこの出来事は風化させてはいけないことなのに、と残念に思っています。

最近色々なご縁で広島について考えることがあります。その中の1つが「原爆の図」を描いた丸木夫妻の絵を身近に見る機会が増えたことです。先日も丸木俊さんのデッサン画「サリーの女」を購入した際お世話になった画商さんから丸木夫妻のチャリティー絵画展のご招待をいただいたので夫と出かけてきました。

一昨年の展示会では俊さんの絵だけでしたが、今回は俊さんの絵の合間にご主人の位里さんの水墨画が配置され、いいバランスが生み出されていました。位里さんの絵というのは水墨画なのに前衛的で、和楽器でジャズやロックを演奏するような雰囲気を持っています。

一方俊さんの絵はデッサンがしっかりしていて、何気なく描いたものでもパッと惹きつけられる力を持っています。絵本の挿絵などに使われているようなものだと色のセンスの良さも加わり、とてもかわいらしい雰囲気です。

ある意味異色な才能の持ち主の二人。この二人がタッグを組んで描いたのがあの名作「原爆の図」シリーズです。今週のパルシステム「Kinari」のカタログ表紙に沖縄戦の図が掲載されていましたが、印刷でも丸木夫妻の絵が持っている迫力が伝わってきます。

ちなみにこのシリーズの絵、画商さん曰くご主人の位里さんが屏風仕立てにされているので右から見る方が立体感が出て見ごたえがあるそうです。丸木美術館へ行かれる機会があったらぜひ見比べてみてください。

チャリティー絵画展は大宮のギャラリーカフェ「あっぷるはうす」で15日まで開催されています。こちらは絵の一部を購入することもできます。

|

« 遮熱カーテン取り付け | トップページ | ロイファー X-Band »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185791/42072303

この記事へのトラックバック一覧です: 「あの日」がやってくる:

« 遮熱カーテン取り付け | トップページ | ロイファー X-Band »