« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月25日 (水)

クオバディスの手帳

ここ1年半ほど「超」整理手帳を使用していますが、だんだん忙しくなってきて1日の中にいくつか外出の予定が入るようになってきました。

私は時間を視覚でとらえていたいタイプのため、やっぱりバーティカルタイプの手帳が欲しい!ということで小さなサイズの4月始まりクオバディスを購入しました。こちらは主に時間の配分をチェックするため、自宅用に使います。

外出時の打ち合わせは今まで通り「超」整理手帳+googleカレンダーを「超」整理手帳仕様に4週分プリントアウトしたもの(こちらには夫の予定も記載してあります)を持ち歩いています。

こちらは曜日がそろっていることと、長いスパンで予定をチェックできるという利点があります。3か月から半年後の予定を聞かれることもあるので、一目で見ることができるのはかなりのメリットです。

今週クオバディスの手帳に自分が何をしていたかを記録しています。こうやってみると案外仕事しているつもりでついネットサーフィンなどをして時間を無駄に使っているな、と反省しきりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

朝日新聞に紹介されました

朝日新聞に紹介されました
3月22日付けの朝日新聞の読書欄の中にある「文庫・新書のおすすめ新刊」コーナーで著書「声と話し方のトレーニング」が紹介されました。

お陰様でアマゾンの売り上げランキングも急上昇しております。

ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

05/16,6/20 声を使う仕事の人のためのボイスマネージメント講座(全2回)

コーチングバンクさんの「声のセミナー」、告知を本格的に開始です。
今回から値上げと同時に私のフォローアップコーチングを1回サービス、ということになりました。

「高い!」と思われるかもしれませんが、このセミナー、何しろ準備にものすごく手間がかかります。加えて会場費やアシスタントも必要なので人件費などの諸費用も必要です。

研修関係の参加者には「先生、この講座この値段で採算取れてます?」と毎回心配されているので、満足いただけるかとは思います。

以下コーチングバンクさんの案内文です。

コーチやコンサルタント、講師や先生など、しゃべる仕事の人にとって、声は財産であり、重要な資産です。
 また、美しい声というのはそれだけで重要な武器にもなります。
 しかし、あなたは本当に声を大事にしていますか?
 たとえば、長時間喋った後、声が枯れたりするのは、それはあなたが間違った声の出し方をしている可能性があるからなのです。
 声と言葉の専門家、言語聴覚士があなたの声の出し方を評価、あなたの喉や口の構造に合った発声法を伝授します。ただし、ただのボイストレーニングの講義では声が良くなるわけもありません。構造を知った上で、あなたに合った一ヶ月のトレーニング法を伝授。あなたがより美しい声を、楽に出せるようにします。

 開催のたびに満席になる人気講座、個別指導も含んだ実践的なセミナープログラムです。

 今回より、講座開催一ヵ月後に、講師の村上由美コーチによる声のフォローアップコーチング(30分程度)がついてきます。さらに確実にあなたの声を良くするために、そのチェックとしてお使いください。

先着順で締め切り致します。必ず2回出席できる方のみ、お申し込みください。

お申込みはこちらから
http://www.coachingbank.com/eguide+event.eid+24.htm#form

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京都教育委員会のシンポジウムに出ます

4月2日の世界自閉症啓発デーにちなんで4月2日から8日は発達障害啓発週間、ということで全国各地で記念のシンポジウムや講習会が開かれます。

私も東京都教育庁が行うシンポジウムにシンポジストとして出演することになりました。年度の変わり目でしかも平日のためお勤めの方は行きにくいかもしれませんが、第一回なのでできるだけ多くの方にお越しいただけたらと思います。

参加費は無料ですが、事前申し込みが必要です。こちらのサイトから文章をダウンロードし、印刷したものをファックスでお申し込みください。

http://www.a-yakata.net/cosmos/WAAD-TokyoEdu.pdf

会場案内図は「map0402.jpg」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月17日 (火)

外出続き

週末は土日とも勉強会でした。昨日は自宅で作業をしていましたが、今日は朝から発達相談、明日はコーチングバンクの勉強会と連日外出が続いています。

土曜日は医療コーチング研究会、日曜日は小児の言語聴覚士関係の勉強会に行ってきました。
土曜日の勉強会は初心者向けにコーチングの概論について話をしました。今回はコーチングの学習経験がある人ばかりだったこともあり、双方向の講義にしてみました。

勉強会などは他の人の考え方を知ったり、自分の立ち位置を知る意味でとても大切な時間なので興味がある勉強会にはできるだけ顔を出すようにしています。

よくよく考えてみると仕事でもプライベートでも考えることがとても多いですね。私にとって考える、ということは自由でいられることでもあります。ナチスドイツ時代に強制収容所にいた人の体験記などを読んでいても自由に思索できる人が希望を持ち、そして生き延びることにつながる面があるといった記述を読んだことがあり、最近改めて実感しています。

そうは言っても休養も重要なので、疲れたらできるだけ休むようにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

今日は何の日?

今日は3月14日。巷ではホワイトデーですよね。
しかし、わが夫は「今日はパイの日だもん!」と何年も前から言い張っています。

「パイの日?なんで?」といぶかしげに聞く私に「だって3.14は円周率じゃないか!だからπ(パイ)の日なんだよ!」とのこと。

まあ、確かに円周率の最初の数だけど最初聞いた時はいきなりだったから一瞬何の事か分からなかったよ。

今日の朝日新聞の夕刊に「3.14は「数学の日」」という見出しの記事を見つけて「ほらー!僕が言った通りじゃないか―」と誇らし気でした。ちなみに新聞記事によると1997年に数検財団という実用数学技能検定を行っている団体が定めたそうです。

数検というのも初めて聞きましたが、30万人以上の受験者がいるそうで、1級(大卒程度)から8級(小4程度)まである、と新聞に書かれていました。

今は検定ばやりですが、こんな検定もあるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

13日の金曜日

2月、3月と13日の金曜日が続いていますね。イエス・キリストが磔にされた日、ということで欧米では縁起の悪い日とされています。イースター(復活祭)の日は毎年変わるし、今と暦が違うから本当はどうなんでしょうね。

母方の祖父の代からキリスト教に縁のある家で育ったので、小さい頃はちょっと怖い日でした。大人になってからはそんなに気にならなくなり、夫と暮らし始めてからはほとんど気にならなくなりました。

というのも夫は父親がインド哲学の先生という家で育ったせいか、このようなジンクス系は全くと言っていいほど信じない人です。六曜や厄年も彼にとっては関係なし!

「ああ、こういうのを気にしなくても人は生きていけるんだなー」と妙に納得して以来、私も楽になりました。

ただ、日本の祝日も覚えていないので、これはこれで困りものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月12日 (木)

ようやく終了

確定申告、無事終わりました!

今年は本の出版準備などでバタバタしていて、締め切り間際のこのシーズンになってしまいました。
青色申告会の会場はかなり人でごった返していましたが、あれこれ書類の確認をしてもらってようやく完了。

これで一安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

Amazonにおける「声と話し方のトレーニング」の分類

だんだん3月の新刊が出てきたこともあり、一時期は450位前後まで上がっていたAmazonランキングも下がってきました。

Amazonは1時間ごとにランキングが更新されているので時折のぞいているのですが、
ランキングの中の分類を見ると私の本は

平凡社新書
実用・スポーツ・ホビー > 能力発見・自己改革
社会・政治 > 社会学 > 社会学概論

のカテゴリーで分類されています。

実用・スポーツ・ホビーはまだ分かるのですが、社会学って…。
一応言語聴覚士って医学関係の国家資格だし、書いてある内容も医学関係のことが大半なのでちょっと不思議です。

やはり日本では声や話し方って文化や社会学というイメージが強いのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私たち、発達障害と生きています

昨年末に著者のお一人から献本してもらっていたのですが、自分の本のことがあってなかなか感想を書けずにいました。内容としては成人当事者たちの診断がつくまでの来し方と診断が下りた後の現在が描かれています。

この本を読んで改めて感じたのは発達障害の多様性です。同じ「発達障害」というひとくくりにされていますが、診断基準では同じ言葉であっても個人によって表れている症状がかなり違います。

この違いこそが発達障害支援の難しさであり、世間の理解が進みにくい原因のひとつなのだな、と思いました。

また、幼い頃に当事者だということを親に理解されて育った私とはまた質の違った苦労をされていることも感じました。ただ夫の例を見ていると必ずしもマイナスなことばかりではないこともあるので、その辺りの兼ね合いやバランス、というのは何なのかがもう少し示唆されたら良かったのかも、とも思いました。

ちょっと残念だったのは、親御さんやパートナーといった家族からの視点がなかったことです。同じ現象を違う角度から見ることでもう少し発達障害の臨床像が浮き彫りになったのでは、と思いました。もちろんご家族とうまく行っていない人もいますから全員は無理にしても一部の方のご家族からの感想などがあったらもっと良かったと思いました。

とはいえ、成人発達障害関連の分野で参考になる本であることは確かです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

マイナー好き

マイナーと言ってもいわゆる音楽用語の短調のことですが…。私がやっていることを振り返るとオルガンとか競技かるた、そして言語聴覚士といった普通の人がまずやったことがないようなことばかりやっているので色々な意味でマイナー好きなんだと思います。

幼い頃からモーツァルトのような長調の曲よりもバッハやベートーベンといった重厚な短調の曲が好きでした。今でもポップスを聴いていてもどちらかというと和音がきれいな短調の曲が好きです。

今日のBGMはさっき届いたばかりの「レミオベスト」。彼らの曲はマイナーの曲が多い上にコードの展開がきれいで、考え事をする時にも邪魔にならないので気に入っています。短調な上に視界が広がる曲というのがなかなかないのである意味貴重です。

私の場合、音楽を聴くと視覚や触覚のイメージが広がるので自分にフィットする音楽は欠かせない仕事道具です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

「声と話し方のトレーニング」出版記念パーティーの写真

Photo 3月6日のパーティーの画像をアップしました。

最初の写真は上智大の近くにあるパン屋さん、「シェ・カザマ」さんにお願いして作ってもらった本をデザインしたパンの容器に入ったサンドイッチです。

中身のサンドイッチもとってもおいしくて、好評でした。

Photo_3 こちらが乾杯の音頭を取ってくださったSコーチ。お忙しい中快く引き受けていただき、ありがとうございました!素敵なスピーチにも感謝です。

Photo_4 平凡社からは担当編集者のFさんと営業のHさんが駆けつけてくださいました。この本、やはり言語聴覚士がいる病院が多い地域の本屋さんだと売れ行きが好調のようです。

地道に、かつ着実に売り込みをかけていけたら、と思います。

夫は、というとカメラマンをしながらマイペースに行動していました。後で写真を確認したら美女二人に囲まれてご満悦の顔をしている写真を発見!ホント、美人に弱いよねー、と思わず苦笑してしまいました。

最後は本と夫婦でのツーショット。Photo_5 本も夫婦も共々、これからもよろしくお願いいたします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

初めての来客

初めての来客
初めて夫の仕事関係のお客様が我が家にやって来ました。

アメリカから日本で行われた国際会議のために来たそうで、せっかくだから仕事の打ち合わせをすることになったそうです。

出身校は名門プリンストン大学!在学中からW3Cのメンバーに選ばれたという才媛だそうです。大学時代は土木工学が専攻だったそうで「ぜんぜん関係ない分野なの」と笑っていました。

英語の他フランス語、中国語、ペルシャ語が話せて現在日本語を勉強中とのこと。仮名文字と漢字の一部は読めていましたが、「日本語は文法が難しいわ〜」とのことでした。

打ち合わせの合間に鉄道博物館に一緒に出かけたら楽しんでいました。サンリオの新幹線キャラクターが気に入っていました。

しかし、いざ仕事の打ち合わせになると夫も彼女も白熱した議論になって、どんどんのめり込んで行くので、見ていて面白かったです。

今回久々に長時間英語を話す状況になりましたが、やはりしゃべっていないとことばが出てこないですね〜。

英語は聴く、読む、書くは使う時があってもしゃべることがほとんどないので改めて使わない能力は衰える、と思いました。

日常会話程度はできても、自分が思ったことを的確に表現できないってストレスですね。

件の彼女からは「語学をマスターするにはヤッパリ使わないとダメよ」と言われてしまいました。ハイ、本当におっしゃるとおりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

宴の後

パーティーも終わり、今日は片づけデー。お礼のメールを書き、荷物や着物を片づけていました。

夫がパーティーの写真をPCに取り込んだので、そこからいくつかブログにもアップしようと思います。

明日は夫の仕事関係の人が訪問予定。アメリカから国際会議のために来日していて、今回いい機会なので我が家で打ち合わせをしよう!ということになったそうです。

せっかくだからさいたまの名所も案内しよう、ということになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

「声と話し方のトレーニング」出版記念パーティー

「声を使う仕事の人のためのボイスマネージメント講座」でお世話になっているコーチングバンクさん主催で「声と話し方のトレーニング」出版記念パーティーを上智大の施設「ソフィアンズ・クラブ」で行いました。

こちらは私が卒業生、ということで貸していただきました。どうもありがとうございました。

パーティーには色々な職種の方が集まり、アットホームな楽しい会になりました。お忙しい上に雨の中お越しいただき、ありがとうございました!

乾杯音頭は本の冒頭に登場いただいたSコーチに行ってもらい、「ハートをつなごう」でお世話になっているEさん、東京都の特別支援関係のOさん、担当編集者のFさんにスピーチをしてもらいました。

最後の締めは夫に頼んだのですが、これが私にとってはかなりの爆弾発言の連発で、正直「もう、何言っているのよ…」だったのですが、参加者の方には大好評だったようです。

パーティーの写真などはまたアップしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月 5日 (木)

欲求不満

昨日から夫はW3Cというスタイルシートの規格を決める国際会議に出かけています。夜は帰ってくるのですが、ほとんど家にいない、という我が家では珍しい状況になっています。

当然猫のミーちゃんは落ち着きがなく、今日はずっと寝室やリビングにいて私に付きまとっています。昨日は私も外出していたこともあり、ずっと寂しかったようです。

ちょっと休んでいたらミーちゃんがすっとそばに来るのでしばらく抱っこしたり撫でたりして遊んでいるとだんだん寂しい気持ちなどが出てきて猫パンチごっこを始めました。

最初のうちは遊び半分でパシパシとやっていたのですが、どんどん感情が高ぶってきてついに私の足をガブリ!痛いよー。

寂しい気持ちを精いっぱい我慢しているのは分かるんだけどね。後悔したのかその後は部屋の隅っこに行ったり夫の仕事部屋の窓から外を眺めたりと一匹で過ごしています。

そろそろ帰ってくるから、もうちょっとの我慢だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

青色申告相談会

お世話になっている地元の青色申告会へ帳簿の相談に行ってきました。

もう何年も前から帳簿のことを教えてもらっているので、行くと皆さん優しく出迎えてくれます。

「声と話し方のトレーニング」を1冊贈呈用に持って行ったら「早速みんなで読みますね」と言っていただきました。ありがとうございます!

夫の状況を見て「ちゃんと書類を作れば青色申告で経費とか計上できるから、私が帳簿付ける!」と言ってはみたものの、簿記のぼの字も知らないありさま。簿記の本を見て専門用語の嵐に最初はめげそうになりました。

そこで本屋で初心者用の本やフリーの人用の青色申告の本を購入し、そこに書いてある内容を読んだ上で青色申告用のソフトを購入しました。

フリーの人向けの本に「地元の青色申告会に入ると色々特典がある」と書いてあったので、早速入会して分からない所を相談会で教えてもらいながら、何とか実践を通して帳簿をつけることができるようになりました。

こういう経験を通して実感したのが、専門外のことにチャレンジすることの重要性です。人間大人になると専門外のことを勉強することがなかなかないものですし、教える立場になるとますます「こんなことが分からないの?」という気持ちになりがちです。

でも専門外のことを専門家に聞いてみることで「こういう言い方だと分かりやすいなー」といった教え方のスキルを学べるという大きなメリットがあります。

何よりも初めて専門家の前で分からない気持ちになるクライアントの立場を追体験できるのが私にとっては大切なことで、「こういうことって聞きにくいなー」「こういう風に整理するといいんだなー」と考えながら教えてもらっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

雪のひな祭り

今日は朝から仕事に出ていて、夜帰宅しようとしたら雪が降り出していました。予報でも降る、ということだったので覚悟はしていましたがいざ現実になるとちょっとドキドキしますね。

車での出勤だし明日も車を使う予定のため、わき目も振らずに家路を急ぎました。こういう日の運転って本当に緊張します。帰宅してほっと一息。

ネットで知り合った発達障害関係の人から出版のお祝いに、と届けられたお花が出迎えてくれました。ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

同じフィードバック

髪の毛がもう限界!という状態まで伸びたし、今週末出かける予定があるためちょっとおしゃれしようと最近ジェルネイルをお願いしている美容院に予約して出かけてきました。

もう1年近く髪を切っていなかったので毛先がかなり傷んでいました。こうなると髪をアップにした時まとまりにくくなるので10センチほど切ってボリュームを調整してもらい、前髪も整えてもらいました。

爪もカルジェルを久々にして、指先はちょっと一足早く春が来た感じです。

帰宅すると夫が「おかえりー。きれいになったねー」と出迎えてくれました。実は美容院から帰ってくるといつもこのセリフなんです。

以前美容院に黙って行って帰ってきたら全然変化に気付かなかったので私がムッとして以来、「美容院へ行くときは前もって言って」と言われています。たまには一緒に美容院に行くことも。ロングヘアだと髪型にあまり変化がないので男性は気付かないみたいですね。彼なりの対処法なんだと思います。

知り合いに話すと「言ってくれるだけいいじゃーん」と言われますが、いつも同じフィードバックだとねぇ。ちなみに「じゃあ、どこがきれいになったの?」と前聞いたらしどろもどろになって「えーとね、髪の毛切ったの♪」と絶対やっていることだけ答えていました。
…正解は前髪の形が変わったんだけどね。

今日はものすごく眼を皿のように見て「あ、前髪が短くなったー!分かったぞー!」と喜んでいました。

最近は仕返しのつもりか、私の外出中に美容院へ行って駅まで迎えに来た車の中で「僕、どこか変わったところない?」と聞いてきます。
…あのねぇ。車の助手席からじゃよく見えないでしょうに。しかも暗くなってきている時に聞かれてもねぇ。

彼曰く、私が気付かないことを発見するのがうれしいんだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »