« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月27日 (日)

第三回医療コーチング研究会総会+記念セミナー

午後から医療コーチング研究会の総会と記念セミナーでした。

この会も今月で4年目。医療従事者のコーチングスキルを上げていくため場としての役割をより意識して関われたら、と思っています。

記念セミナーはコーチクエストや医療現場で研修をしている大野コーチの講義でした。医療現場でコーチングを行う上での特有の問題や注意点などを話してもらいました。

終了後は懇親会。楽しいひと時でした。4年目も気分を新たに頑張りマス!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

連休最終日

昨日遊んでいた時ちょっと足を痛めたらしく、起きたら何となく足首が痛む…。ジョギングは本当に軽めにすませました。意外と走っている時は痛くないので、家にいる時は保冷剤で冷やしながら過ごしています。

明日からまた平常業務です。発達相談の仕事がちょうど入ったので、頭を切り替えて頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

シルバーウィーク4日目

今日は「国民の祝日」。「敬老の日」と「秋分の日」に挟まれたためにできた変則の祝日ですね。

個人的には敬老の日が9月15日以外の日、というのがちょっと不思議な感じがしています。ちなみに夫は「そう?僕は別に違和感ないやー。元々敬老の日が何日かも覚えてないし」とのことです。

連休中もおいしいそばを食べに少し遠出をした以外は仕事漬けですが、今日は実家の両親と姉家族が川口のグリーンセンターに遊びに行く、ということで現地で待ち合わせて一緒に遊んできました。

以前グリーンセンター近くの病院で働いていたのでよく近所は通っていたのですが、実は数回ほどしか行ったことがありません。しかも晩秋から冬の日曜の午後という、どう考えても人がいなそうな時間帯ばかりのため、子連れの人たちが「グリーンセンター、いいよね」というのが今一つピンとこないでいました。

10時前に車で正門前に行ったら正門脇の駐車場はすでに満車。係員の人に「第二駐車場に行ってください」と言われてビックリしました。指定された駐車場に車を止めると周囲は家族連れでいっぱいでした。ほどなくして実家の両親たちも到着。連休中で保育園が休みのためエネルギーがあり余っている姪っ子と、バギーから早くおりたくてうずうずしている甥っ子も一緒に早速センターに入りました。

センター内はわりと傾斜が緩やかでバギーや車いすが押しやすいので園内は親子連れで賑わっていました。花壇にはコスモスやマリーゴールドなど季節の花が咲いていて確かに親子連れには手ごろなお出かけスポットだな、と納得。

姪っ子はお目当てのミニ鉄道に乗りに出かけ、こちらは甥っ子を連れて終点付近で遊んでいました。甥っ子も1歳半になり、だいぶ体も大きくなってきました。

園内は遊具も充実して、子どもが遊べるような広場や砂場も完備されていました。ターザンごっこなど感覚統合でも使っているような遊具も結構あって、子どもたちが列を作って並んでいました。この類のスポットは子どもがいないとなかなかおおっぴらには遊べないのでチャンスとばかりに姪っ子と遊んできました。

しかし、テレビなどで「今どきの子は遊びが少ない」と言われますが、今日見かけた子どもたちは遊具でキャーキャー言いながら遊んでいたので、決して嫌いなのではなく遊ぶチャンスがないのかもしれませんね。大人の私もかなり楽しく遊べて良かったです。久しぶりに「休みを過ごした」という気分になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

声を使う仕事の人のためのボイスマネージメント講座9-1

シルバPic_0045ーウィーク初日ですが、有楽町の東京国際フォーラムでの「声のセミナー」でした。

この講座もすでに9回目。今回は声や体の指導する立場の方の参加が多かったです。さすがに事前の勉強もとても熱心でした。質問もピンポイントで来るため、こちらも心地よい緊張感を持ちつつ楽しみながら進められます。

今回も参加者やスタッフの方々に支えられ、とても和気あいあいとした講座になりました。私がセミナーで大切にしているのは会場の一体感と、楽しみながらも学びを深めてもらう雰囲気作りです。主役はあくまでも参加者ですから、講師は参加者から「そうだったのか!」という気付きを引き出すための脇役だと思っています。

小心者ゆえ毎回資料作りと進行を考えるのは前日まで悩みつつ行いますが、それが形になって参加者の方々に還元されるとものすごく嬉しく、「準備のしがいがあった!」と感じています。元々はあまり人と接するのが得意ではないはずの私がこの仕事を続けているのも自分が努力したことが他の人の役に立っていることにつながっているからなのでしょう。

スタッフ陣も慣れてきたので皆さん動きがスムーズ…と思ったら、講師の私がいくつかケアレスミスによる忘れものなどでハプニング発生。幸い夫が家から必要なものを持ってきたりと手伝ってくれたので事なきを得ました。

終了後はスタッフと食事を兼ねた反省会。よくなった面、今後の課題を肴にあれこれ話をしつつあれこれ話しました。

実はこの講座を皮切りに11月初めまで研修やセミナーの仕事が週末に立て続けに入っているため、体調管理も大事なポイントになりそうです。マイペースに頑張れたら、と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

ジョギング4ヶ月目

ふと気づいたら朝のジョギングもついに4ヶ月目に入っていました。

テレビで「3ヶ月スロージョギングが続けられたらフルマラソンに出られる」ということだったので、ちょっと感慨深いです。

ジョギングを始めてビックリしたのがその人口の多さと関心の高さ。ジョギングの話題を出せば必ずそこには「私やっています」「興味あります」といった反応があり、話の輪があっと言う間に広がって行きます。

今までこんなにたくさんの人がやっていることをほとんどやったことがないので、「メジャーな話題ってこんなに共感されるのね」と妙に感心しています。

夫の新しい靴を買いにスポーツ店に行ったところ、売り場担当の店員さんも走っている、ということで「今度ハーフに挑戦するんですよ」とちゃっかり必要なものについてあれこれ相談してしまいました。

「15キロ過ぎると膝が上がらなくなりますよ」といったとても具体的なアドバイスをもらえ、「やっぱりタイツとか、必要なんだなー」と夫も納得していました。

トレーニングの話などでも盛り上がり、あれこれ情報交換もできて楽しかったです。思わぬジョギング効果ですね。

自分で走ってみて良く分かりましたが体幹の筋肉を使う絶好のチャンスだし、課題の足の筋肉を鍛えるためにもジョギングはなかなかいいです。

関節周囲の筋力が弱い段階ではいきなりジョギングするのは無理だったので、先にピラティスやジャイロトニックをやっておいて正解でした。だてに4年以上トレーニングしていたわけじゃなかったのね、と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

お掃除定期便4回目

ここ数日は原稿書きに追われているのであまり更新できずにいます。書くモードになった時がチャンスなので、そうなったらどんどん書くことにしています。

今日は月1度お願いしているお掃除の方に来てもらいました。今回は高いところや窓際のほこり取りをお願いしました。

普段なかなか掃除できないけど、やっていないと時折「あ…」と気になる箇所ってけっこうあるんですよね。サッシの溝などもきれいにしてもらえて助かりました。

贅沢かもしれませんが、普段の掃除が楽になるだけでも随分体の負担も違うものですし、他にエネルギーを使えるのはありがたいことです。

それに一度プロの人にきちんと掃除をしてもらうと汚れが付きにくくなるように感じます。特にキッチン、浴室や洗面所といった水周りは全然違います。

上手に他人の助けを借りるって大切!と改めて思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

鬼の霍乱

昨夜から夫が「どうも体調が悪い」と言い出しました。今朝起きたら「口唇ヘルペスになっちゃったからジョギングお休みする」というので一人でジョギングへ。朝食もどうするのか聞くと「食欲がないからヨーグルトだけにする」という返事。

どうやら私がいない間に先日食材の整理をした時に見つけた葛きりを食べ過ぎたらしいです。ゆで時間も短めだったとか。

「あれは鍋料理とかの時に煮込んで食べようと思って買っておいたものだけど」と言うと、「だって気になったんだもん」「冷麺風に食べられるって袋に書いてあったから」と言い訳を始めました。

「試してみたい気持ちはわかるよ。でもさぁ、もう若い頃より胃腸も機能が弱っているし、冷たいものを食べ過ぎるとお腹に来ることも増えてきたよね」「食材の整理をした時にも『鍋料理の時に食べようね』って言って、それで納得したよね。なのにそういうことをされると、私の心配する気持ちを無視されたりないがしろにされたような気持ちになるんだけど」

と言うと「ごめん…。若い頃のイメージのままじゃいけないよね」と反省していました。

我が家では夫が体調を崩すのは本当に珍しいことで、たまに熱を出しても1日で治ってしまいます。反対に私は持病もあるので体調を崩すのが当たり前で、風邪をひこうものならひどい時は1カ月近く長引いていたことも。

それだけに夫の方が体調が悪い状況に慣れていなくて少し戸惑ってしまいました。彼は午後には大分体調がよくなり、外出も念のためにマスクをして行きました。

しかし、近所のドラッグストアに行っても今までなら普通に入手できた箱入りのお徳用マスクが文字通り姿を消していますね。幸い私が愛用している濡れマスクはたくさん置いてあったので早速購入しました。

これからしばらくはセミナーや研修といった人前で話す仕事が続くシーズンなので今から対策に励みます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月 7日 (月)

久々の再会

着付け教室で知り合った人たちと3カ月ぶりに再会しました。

この会は着付けの教室が終わった後も定期的に集まって着物を着る機会を作るために始まったのですが、メンバーの出産・育児などもあってだんだんランチ&お茶の会に変わりつつあります。

2年ぶりに会えた人もいて、お互いの近況などを話すと随分取り巻く環境の変化を感じます。

メンバーのお子さんやお孫さんたちも会ったり話を聞くとどんどん大きくなっていて、本当によそのうちのお子さんはあっと言う間に成長しますね。

参考になる話もたくさん聞けていい気分転換になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

臨時収入

そろそろたまってきた古本を近所のブック・オフへ売ろうとリビングの本棚を点検しました。

私はある話題(例えば収納やパン作りなど)に関心がある時にはその関連本を何冊も買う癖があります。そのため家には同じような内容の本が何冊もためる羽目になります。本や原稿を書く際には資料として必要な時もあるので一概に悪いとは言えないのですが、その辺りはこだわりが強いなー、と感じる面も。

今回は思い切って重複する内容の物は専門書以外はよく読む数冊程度にし、できるだけ残りは処分することにしました。今まで二の足を踏んでいた本もこれでだいぶ片付きました。雑誌などは改めてみると大体1年サイクルで同じ話題になっているのねー、と変なところに感心。つまりそれだけ同じことに興味がある、ということなんですね。

60冊ほど持って行ったら3,000円ほどで引き取ってもらえて一瞬「ラッキー!」と思いましたが、「いやいや、この本を買う元手はこれの10倍はかかっているはずだから。まず本を買いすぎないようにしないと」と頭の中で必死に訂正。

久しぶりにブック・オフに行きましたが、ものすごい人と本のバリエーションにビックリしました。中でもローナ・ウィング女史の「自閉症スペクトル」があったのには我が目を疑いました。

最近本屋に発達障害関係の本を見かけることが増えているので頭の中ではなんとなく予想はしていましたが、実際に見かけるとやっぱり不思議な気分です。だんだん発達障害のことも世の中に浸透しているのかな、と感じたできごとでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

花はどこへ行った

病院への通院ついでに夫と誕生日と結婚記念日を兼ねたお祝いをしました。私の誕生日に結婚届けを出したのは夫が忘れないように、という意図でしたが私もうっかり忘れなくてすんでいるので助かっています。

薬局で薬を受け取ってから近くのショッピングセンターで寒い季節に向けてのジョギンググッズなどをチェック。はやっているせいか、ランニングのコーナーもかなり充実していて「こんなのがあるんだねー」とふたりで話しながら見ていました。

夫はTシャツとショートパンツしか持っていないので、これから寒くなる時期に着る服が必要かな、ということでタイツを試着。「ねえ、こんなに締め付け感が強いものなの?」と驚いていました。

「膝やふくらはぎをサポートする役割もあるからある程度は締め付けるよね」と返事すると「うーん…。もう少し調べてから買う」ということで今回は安売りしていたコーナーで私の長そでシャツだけ購入。

私はジャージなどを持っているので後は小物くらいでも大丈夫ですが、彼は本当に何も持っていないのでちょっと心配です。

帰宅後食事をしてからNHKBS-2のアンコール放送「花はどこへ行った」の放送を見ました。もちろんこの歌自体は知っていたのですが、この歌が反戦歌になった経緯や、この歌に縁がある人たちの歌への思いなどを知って改めていい歌だと思いました。

普段あまりBSを見ないのですが、じっくり見られる番組がけっこうあるのでこれを機にチェックしてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

思いがけない誕生日プレゼント

思いがけない誕生日プレゼント
今日37歳になりました。ばっちりアラフォーですね〜。

ピラティスのトレーナーからもお菓子をいただきました。

いくつになっても誕生日を祝ってもらうのは嬉しいですね。

帰宅したら心当たりのない封筒があり、「何だろう?」と早速封を開けてみると…。

なんと、近くのデパートのお食事券が!!

先日キャンペーンに応募したのが当選したのです。

早速誕生日のディナーに使わせてもらいました。

なんだかとっても縁起がいい、と喜んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

Googleのホームページ

インターネットをしようとGoogleのホームページを開いたらロゴにドラえもんが!そう言えば本日9月3日はドラえもんの誕生日ですね。とは言ってもドラえもんが工場で生産されたのは2112年なので、まだ100年以上先の話という設定ですが。

最近のGoogleはその日にちなんだロゴデザインを見ることができてちょっと楽しみです。ちなみにこの前の日曜日は選挙の日は投票台のデザインでした。

ドラえもんと猫型ロボットですが、昼寝中に耳をネズミにかじられてしまって今のような姿になってしまったとか。確かに猫はよく寝ますからね。

我が家のミーちゃんも涼しくなってきて夜は私たちの寝室でることが増えてきました。丸くなって眠る姿はかわいいのですが、困るのが私のお腹や足の上に乗っかって寝ること。3キロしかないのですが、長時間乗られると動けないので負担になります。

今朝も私の上に乗っかって寝ていて、朝起きたら腰が痛い…。またミーちゃんと攻防戦を繰り広げるシーズンが始まったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

思い違い

夫は私がムッとした時に誤ってはくれるのですが、どうして私がムッとしたり怒ったりするのかは今一つ分かりにくい面があります。

今日もそんなことがあってあれこれ聞いてみると、どうやら彼は私が起こった時の勢いに注意が向けられてしまって私が傷ついたり悲しい思いをしているということが想像できなかったようです。

「私が感情的に怒っている、というのは傷ついたからなんだけど」と言ったら初めてその関係性に気付いたようで驚いていました。

また、彼にしたら個々の事例について注意されていると感じていたけど、私からしたら同じ行動を繰り返しているので嫌になっているという認識の違いを意識したようです。

以前は「違っていたら違っていたでいいじん」と言われて私がさらにムッとしていましたが、最近は「それをすると私がさらに傷ついてさらに悪い結果になる」ことを本などで知ってもらえたのでだいぶ助かっています。

ただ彼は感情的に傷つくとか怒ることに対してほとんどと言っていいほどない人なので、私がその状況になっていることがなかなか想像つかないようです。

昨日も「私は朝から仕事だから、急いでいるからね」と伝えても私がジョギングの支度している間に新聞を読んでいたため、「新聞読むよりもっと優先させること、あるよね?」「たとえば私が支度をしたらすぐに出かけられるように、ひげをそったりとか、私の漢方薬を温めたり
とか、できることはあるよね?」と私がムッとしてはっきり言わないとつながらずにいました。

「そういうことがつながって言われなくてもできることを『思いやりがある』とか『気が利く』っていうんだよ」と話すと「そっか!そういうのが思いやりがあることなのか!」とビックリしていました。

私からしたら「あんなに複雑なプログラムが組めるのにどうして?」と思うのですが、彼にしたらそんな曖昧なこと、なぜ教わりもしないで分かるの?ということのようです(私も教わって分かるようになったのであまり大きなことは言えませんが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

今日から新学期

今日は朝から発達相談の仕事でした。昨日とは打って変わった青空の下、車を走らせて職場へ。

車の中でラジオを聴いていると防災の日ということで特集番組をしていました。小中学校の頃は2学期の始業式の後は防災訓練というのが定番でしたが、結構これは地域や学校によって差があるようですね。

小学生の頃は汗だくになりながら防災ずきんをかぶって外に出たのをよく覚えています。今でも小学校は座布団代わりに防災ずきんを使っているのでしょうか(もちろんカバーを付けたうえでしょうが)。

帰宅後テレビを見たら今年は新型インフルエンザの影響で全校集会を取りやめたところも多かったそうですね。新学期でまた感染拡大が懸念されているとのことですし、これから運動会など秋の行事が目白押しのシーズンですから先生方も大変そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »