« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

今日は愛妻の日

今日1月31日は愛妻の日だそうです。1を英語のIに見立てて31を妻をする語呂合わせだそうです。

昨日たまたまですが夫と映画「今度は愛妻家」を見てきました。詳しい話は夫のブログ(http://shinyu.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/131-72db.html)をご覧ください。

夫は「僕は愛妻家なんだー」と普段は自信満々ですが、映画の主人公と同じような言動も結構多く、妻の私に映画のヒロインと同じこと言われているので見終わってからちょっと凹んでいました。

今日も約束を破ったので私に「どこが愛妻家なの?」と指摘されて落ち込んでいました。夫の皆様、妻との約束を破るようでは愛妻家ではないですよー。

とてもいい映画ですがあまり詳しくストーリーを書くと映画の面白みがなくなるので、ぜひ見てみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

twitter始めました

話題のコミュニケーションツール、twitter、遅ればせながらデビューしました。早速夫や夫の友人がフォローしてくれました。ありがとうございます!

まだまだ使い方がよく分かりませんが、試行錯誤しながらやってみようと思います。

ブログパーツも埋め込んでみました(見えない場合はプロフィールページを見てください)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

折り返し地点

実は現在2冊目の本に取り掛かっておりまして、ようやく昨日草稿を全部編集者に送りました。

やっと「終わったー!」という気持ちになりましたが、大変なのはこれから。編集者に精読してもらった後さらに練り直し、必要に応じて手直しして行きます。去年本を出した際もこの作業が一昨年の年末年始と重なり、休み返上でやっていました。

編集者からは「しばしお待ちを。その間はぼーっとしていてください」とのことなので、本当はボーッとしたいのですが(ボーッとするの、大好きだし)昼寝程度にして確定申告の準備でもしています。

ああ…年に一度とは言えこの作業がまた面倒くさいのよねー。取りあえず昼寝と部屋の片づけをしてから頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

結婚を1文字で表すと?

昨日洗濯物を干しながら「笑っていいとも!」と見ていたらあらゆる世代の既婚女性100人に「結婚を漢字一文字で表すと?」というアンケートを取った結果を当てて行くクイズをしていました。

これがまたおもしろい結果で、20代から30代はおおむね「愛」「楽」「幸」といったいい意味のことばが多いのですが、40代、50代は「忍」「耐」といっただんだんネガティブなものが上位を占めるようになりました。中には「怒」「憎」「諦」ということばもあり、だんだん結婚生活が長くなると忍び耐えることが増えるようです。夢がなくなって現実などが見えてくるということなのでしょうか。

それが60代になるとまた変わってきて「和」「愛」「協」といった長年の関係が物を言っているようなことばが増えて来るので、夫婦というのは面白いなー、と思いながら見ていました。

そう言えば我が家も25で一緒になった頃は「愛」「幸」ということばの方が強い感じがしたけど、10年以上経つと「忍」「耐」の要素も出てきましたねー。まあ、私の場合は夫にかなり家事をしてもらっているのでそういう意味ではずっと「楽」なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

ハッピーバースデー

今日は夫の誕生日。44歳になりました(本人は体脂肪計に出て来る体年齢19歳を強調していますが…)。

仕事も家庭も頑張ってくれてどうもありがとう。この1年もいいことがたくさんありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

猫男子

猫男子
夫が週末買ってきた「SPA!」を見たら「結論 猫を飼うと女にモテる!」(http://spa.fusosha.co.jp/feature/number00009610.php)という特集記事がありました。

それによると猫を飼っている男性(猫男子)が最近熱いとか。mixiなどにも「猫を飼う男子」や「猫っぽい男子」が好きな人のための「猫男子コミュニティ」もあるそうです。

猫っぽい男子の定義はSPA!によると、「猫をそのまま人間の男のコにしたような感じ。やや細身の猫背で、ファッションは清潔感があるキレイめカジュアルなんだけど、どこか崩していて、髪も猫っ毛でゆるくてモサい。性格は猫さながら、マイペースで自由気まま。普段は公園で日向ぼっこしていたり本を読んでいたり、散歩していたる。そんな草食系のイメージです」。それでいていざという時は肉食になるというのがいいとか。

…これってまさに夫のイメージそのまんま。そっか、私は時代を先駆けていたのか(何しろ夫は猫男子歴15年以上)。

画像は今朝のミーちゃん。朝起きてリビングに行ったら自主的に収納されていました。まるでオブジェみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

リニューアル

朝起きたら隣で寝ているはずの夫と猫のミーちゃんがいない…。さてはまた完徹しているな、と思いつつ階下へ行くと夫が「おはよー」と呑気な声でリビングへやって来ました。

「あのね、僕ブログをリニューアルしたんだ♪タイトルも変えたの。読んで読んでー」とニコニコしながら一言。

あのー、私これから発達相談の仕事なんだけど。しかも午前中からだし。帰ってからはコーチングのセッションもあるから今日は忙しいんだよね…。

でも夫の無邪気な笑顔を見ていると何も言えず、「じゃあ、朝ご飯作ってね」と頼んで早速PCを開けてブログを読みました。

そんな彼のブログはこちらhttp://shinyu.cocolog-nifty.com/blog/。タイトルの「右も左も分からない」は非常に彼らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

現金書留封筒

御香典を送るため、ゆうゆう窓口へ行ってきました。最近何度か現金書留を送っていますが、どれも御香典を送るためでした。ゆうゆう窓口だと土日祝日でも現金書留が送れるし、なぜか金曜日に訃報が届くことが多いので毎月のようにゆうゆう窓口へ出かけています。

窓口で専用封筒を購入し、宛名を書き、用意した御香典の袋と手紙を入れ、しっかり封をしてから割印を押して窓口へ。専用封筒って久しぶりにじっくり見ましたが、かなり厳重なんですね。昔はけっこう現金書留が届くことがありましたが、今は振り込みが一般的になったこともあってか、冠婚葬祭以外はほとんど使わなくなりました。これは電報も同じですね。

とは言え今までは知り合いの人のご両親といった方たちだったので、あまり感情は入らなかったのですが、直接知っている人の御香典というのは悲しさもひとしおです。

だんだん人生の先輩たちを見送る年齢になってきているのか、と改めて感じています。今回慌てて封筒を買いに夫にコンビニへ行ってもらったので、帰りに買い物に寄ったドラッグストアで予備のため御香典用の封筒を買いました。専用封筒も郵便局で予備を購入しておきました。

冬のお通夜に出ることも増えてきています。冷え症なので洋服で葬儀会場はかなり寒いこともあり、喪服用の黒い帯は持っているので、小物(黒い帯上げと帯締めと黒草履)を買って色喪服で出られるようにしようかな、と半分本気で考えているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

足裏改善大作戦

昨日はインソールのお店でフォームとインソールのチェック。かなり改善されてきましたが、足首周りの硬さがやはり大きな課題です。

最近色々トレーニング法などを調べて改善策を練っているところです。午後からはジャイロトニックのレッスンに行って早速鍛えてきました。

ジャイロはコアの筋肉に働きかけることもあって、終わった後は全身マッサージを受けたような状態になります。ピラティスとはまた違った爽快感があります。

帰宅後はタオルやゴムチューブを使って足のトレーニングです。「足指じゃんけんもいいよ」とトレーナーにアドバイスをもらったので入浴時などに取り入れました。

今日は午前中は定期健診、午後はお掃除の人が来たので昨日お亡くなりになった知り合いの人のことであちこちにお知らせしたり、原稿の仕事をしていました。

知り合いのことはちょうど6年前の今頃に50代だった父方の叔父を亡くしている上に今年がちょうど叔父の7回忌なのでよけい身にしみているのかもしれません。その知り合いは父の実家から比較的近い所にお住まいだったこともあり、色々話題に事欠きませんでした。話し方に父や叔父たちの話し方の特徴を感じることもあり、それを指摘して「話し方で地方を言い当てられたの、初めて」と驚かれたこともありました。

お互いの家の近くへ出ることがあると連絡を取り合って会ったり、電話でもよく話をしていた時期もありました。まだ学生のお子さんもいらっしゃってか、随分将来のことを心配されていました。

こちらの仕事が忙しくなってきたことや彼女も家庭の事情などでここ数年は少しやり取りが減っていたので突然の訃報がとても残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

ショックな知らせ

アスペルガーの館の常連だった方のブログを何気なく読んだら、娘さんの「突然ですが、母が今朝亡くなりました」という記事が書きこまれていてものすごく驚きました。まだ50代だったのに…。

何度か会って話をしていた方だっただけにとても残念です。今はただただご冥福を祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

歯の話

昨日夫は市の歯科検診へ。以前からハガキが来ていたけど、ようやく踏ん切りがついたようです。

帰宅したら「ねえねえ。これってどういうこと?」と結果の紙を持って来ました。言語聴覚士は歯科の勉強も一通りするので、疑問に思うとたまに相談されます。

話を聞くと小さな虫歯が2か所ほどあったとのこと。紙を見たら場所が書いてあったので見せてもらったら確かにポツンと虫歯らしき箇所がありました。いわゆるC1の段階です。

「治療希望すれば治療するけど、このままでもいいって言われたんだけど…」とやや不安げな様子。「ああ、この段階だと今はこの虫歯の大きさより削る場所の方が多くなるからだよ。これ以上大きくならないようならこのまま様子見た方が負担が少ないと判断されたんだよ」「まめに歯磨きして定期的にちゃんと通えるなら経過観察でってことよ。まめじゃないなら治療した方がいいけどね」と返事すると「そっかー。じゃあ、経過観察にしてちゃんと定期検診に行くようにしようっと」と言っていました。

磨きすぎも指摘されたようで、柔らかいブラシでと指導されたようです。顎関節も経過観察と言われたとのこと。「歯磨き自体はよく磨けているとほめられた!」と喜んでいました。

彼の口の中を見るとかなり虫歯の治療をした跡があるので、「この状態をキープしてほしいなぁ」とつくづく思います。親知らずの一本が横向きに生えているし歯並びも上下左右にずれているので、私も定期的に彼の口の中をチェックしないとかも。

私は親知らず以外はほとんど歯の悩みはないので、夫からは「君の歯、歯並びもきれいに揃っているし、いいなぁ。かぶせもないし」と羨ましがられています。これは母方の祖父譲りなのでやはり体質なのでしょうね。

これからも油断せずにいい歯を保ちたいものです。歳を取ってからの表彰を目指します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

我が家のツンデレ

我が家のツンデレ
最近ミーちゃんは私がリビングで原稿を書いているとスーッと横を通りかかって写真のようにちょっと止まります。時にはこちらをチラリと見上げたり「ニャーン」と鳴くことも。

彼女なりの「撫でてもいいわよ」というサインで、この姿勢の状態で撫でてあげると「ゴロゴロ〜」と喉を鳴らしてご機嫌なのですが、抱っこすると途端に「いやーん」と身をひるがえして逃げて行きます。

忙しく出かける支度をしている時にもスーッとやってきて「撫でなさい」という視線とポーズを取るのですが、こちらもそんなには構っていられないのでそのまま横を通り過ぎると途端に機嫌が悪くなります。突然走り寄ってのスリスリはもちろん、猫パンチ、甘噛みといったイタズラも。懐いてくれるのは嬉しいのですが、服に毛がつくので困るんですよねぇ。あんまりひどい時は覚悟していったん抱っこして撫で撫でしてからコロコロやブラシで毛を取ってから出かけています。

「帰ってきてから遊ぶから」と声をかけるのですが、相手は猫なのでそんな言葉は通じません。留守番嫌いだからきっと出かけられるのを察知して寂しいんでしょうね。

もう15歳なのでできるだけ一緒にいる時間を大切にしたいとは思いますが、たまに「何なのさ〜」とムッとすることも。先日も私の枕や夫の服に「おえ〜」とやられてめげそうになりました。夫は割と「ああー、もうミーちゃんはー」と言いつつ冷静に吐いた後を始末しているので大人だなーと感心しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

はな・ハナ・花展

ご招待をいただいていたので、夫と行ってきました。今回も色々な画家の絵がかけられており、画家のパワーに満たされていました。個人的に圧倒されたのは上村松園の作品。初めて間近で見て感動しました。

昨年10月に個展が開かれた城戸さんの作品もいくつかあり、今回も気迫あふれるものを感じました。一通り絵を見てからギャラリーのママの入れてくれたお茶を飲みながら画商さんとひとしきりおしゃべりをしました。

昨年10月の城戸さんの展覧会はテレビで紹介された後大勢の方に来ていただけたとのこと。今度山形で個展が行われるので今頑張って描かれているそうです。夫婦でファンの塙珠世さんの絵や丸木位里さん・俊さんご夫妻の絵も展示されていて、かなりゴージャスな気分になれます。

今月31日まで大宮の氷川神社のそばにあるギャラリーカフェあっぷるはうすで開催されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

夫の好み

年末にホームベーカリーを炊飯器の後ろに置き、いつでも使えるようにセッティングして半月ほど。使いやすくなったので、週に1,2回ホームベーカリーのタイマー機能を使って焼きたてのパンを朝食に出しています。やっぱり焼きたてはおいしいですね。

一時期かなりパンづくりに熱を上げていたので、おいしいパンを食べると幸せな気分になってやる気も出ます。

今は家に残っていたうどん用の小麦粉を使っているのですが、これが意外においしい。グルテンが少ない分膨らみませんが、おいしさが凝縮された味になります。

そうは言っても残りも少なくなったし、そろそろふんわり膨らんだパンも食べたいということで、Cuocaのサイトで材料を注文することに。こちらは業務用なども扱うお菓子やパンの材料を扱うサイトです。久しぶりに見たら扱う商品がまたまた増えていて、思わず「わーっ!こんな商品もあるんだー!」とワクワクしてしまいました。

ホームベーカリーで手軽に焼ける食パンミックスも種類が充実しています。さて、何を頼もうか悩んで夫に相談することに。

実は夫が甘いもの好きなのでパン屋ででは絶対と言っていいほど甘いパンを選びます。一方私はパンはシンプルなものが好きで全粒粉や胚芽パンといった物が好き。予算もあるのでどう折り合いを付けるかが悩みどころです。

サイトではいちごミルク食パンミックスといった甘いパンのホームベーカリーミックスなどもあるので「こういうの欲しい?」と聞くと「いらない。僕家で食べる焼き立てパンはシンプルなのがいい」という意外な答え。

「ええっ?だってパン屋では甘いパン選んでるじゃない」と言うと「甘いパンは外で買うのがワクワクしていいの。家のはシンプルなのでいい。シンプルなのだとジャムとかで甘くもできるし、おかずにも合うから」という返事。

「へー、そうだったのか。知らなかったわー」と言いながらサイトで買うものをカートに入れていると、「ねえねえ。僕ピーナッツバターとかほしい。甘いもののバリエーションが欲しい」と言い出しました。やっぱり甘いものは好きなんだねー。

おいしいバターなども頼んだのでしばらくは自宅でおいしいパンを満喫できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

ブレインジムセミナー

いつもお世話になっているコーチングバンクさん主催のセミナーに夫婦で行ってきました。

ブレインジムは元々学習障害の人向けに開発されたということもあり、楽しみにしていました。

夫は最近とみに低下しているという集中力を付けたいと期待しての参加です。

講師の灰谷さんはセミナーのアシスタントをしてもらっているKaさんの元同僚だそうです。気さくな感じの方でした。

内容はなかなか言葉では説明しづらいですが、体の回路をつないで行く感じがしました。

さわりだけでしたが、ビジョントレーニングや感覚統合にも似ていますね。心と体をいかに繋げていくかという考えは同じなので、共通点を感じたのかもしれません。

発達障害のケースには運動や感覚の問題を抱えていることが多いので、体からのアプローチは大切です。でも特性を理解した上でやらないとハードルが高くて…ということもあるため、スモールステップの方法としてもいいのかな、と思いました。

参加者の中に久しぶりの再会という方もいて、嬉しいおまけ付きでした。

夫の懸案である集中力アップはしばらく様子を見たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

有楽町で逢いましょう 

医療コーチング研究会の勉強会でした。会場は有楽町の国際フォーラムです。ここはセミナーなどでもお世話になっていますが、場所も便利で会場もきれいなので今回勉強会で初めて借りました。

今年初めての勉強会ということでコーチングセッションのテーマはずばり「今年の目標」です。やはり誰かに聞いてもらえることで自分の中でも頑張ろうという気になれますね。

後半はこの研究会恒例の事例検討です。会話例を基により患者さんにとって実になる会話にするにはどうしたらいいかなどを考えて行きました。

終わった後有志で近くの喫茶店であれこれおしゃべり。元気をもらいました。今年もぼちぼちやって行きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

聖地チベット展と西郷さんの関係

聖地チベット展と西郷さんの関係
会期が明後日までなので、行ってきました。会場は上野の森美術館です。会場の入口では現在のチベット情勢に批判的な人たちが展示などをしていて、チベットの微妙な立場を垣間見る思いがしました。

クロークで荷物を預けて早速中へ。仏像やマンダラなどが飾られていましたが、日本のそれとはかなり印象が違いました。

チベット仏教はインドの密教の影響を受けていることもあってか、まずとにかく色が華やか。そして表情やしぐさもどことなく色っぽさを感じました。

見ていて実感したのがチベットにおける政治と宗教の密接な関係。元の頃から僧侶が国の支配に関わっており、ダライ・ラマ氏の亡命まで続いていたことを知りました。中国の政治状況とも深くかかわっているのもよく分かりました。

意外だったのは展示品を見ているとアステカなどのラテンアメリカ文明によく似ている面があったこと。一緒に行った夫も同じことを感じたそうです。

近くのお店で昼食を食べてからせっかくだからと西郷隆盛の銅像のところへ。今年の大河ドラマが坂本龍馬ということもあってか、記念写真を取っている人をちらほら見かけました。今まで近くを通りかかったことはあってもこうやってじっくり見たのは初めてです。

帰りは寛永寺に寄ってお参りし、上野公園を横切って公園口から帰りました。途中正岡子規記念球場、文化会館、西洋美術館といった名所を通りました。本当に上野公園はちょっと通りかかるだけで有名なスポットに行きあたります。

動物園などもありますから、じっくり回ろうとしたら本当に何日もかかってしまいますね。これからも機会があったら少しずつ上野公園の名所巡りをしてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

声を使う仕事の人のためのボイスマネージメント講座(第10クール)

今日は声の評価の仕事のため、銀座へ行ってきました。さすがに松飾り以外にお正月を感じさせるものがほとんどなくなり、街はいつもどおりになっていました。

声と言えば、「声のセミナー」を今年もやります!もう気がつけば今回で10回目。3年経って修了生も60名以上になりました。お陰さまで今回ももう半分以上席が埋まりました。

参加を検討の方はこちらからお早めにお申し込みください!日程は2月13日(土)と3月13日(土)、場所はいつも通り有楽町の東京国際フォーラムです。長丁場になりますが、毎回和気あいあいと楽しい雰囲気で進めさせてもらえるのはスタッフと参加者の皆様の協力あってこそです。

去年から個別のフォローアップが入ったことで参加者の皆さんから「この時間があるとよりセミナーの内容が実感として分かるようになった」という声を寄せていただいて、本当に講師としては嬉しい限りです。

修了生の方からは「さらに踏み込んだセミナーを」という声をいただいています。今年はこの「声のセミナー」を基にしつつ、クライアントの方々のニーズに応じた様々な形のプログラムを検討する年になりそうです。

声というのは本当に不思議なもので、これだけ身近にありながら知られていないことが多い分野でもあります。少しでも悩んでいる方のお手伝いができたら、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

カスタマイズ

カスタマイズ
我が家の食器棚は一緒に暮らし始めた時に買った物。

当時は価格とデザインで選んだのですが、取っ手が小さなつまみだったためどうも開け閉めしづらい…。

夫に至ってはしょっちゅう開けっ放しにしているので、ついに思い切って「そんなに面倒なら扉外す?」と聞いてみました。

すると「扉外すと見た目が悪いし、地震の時に中の食器が飛び出したら危ないよ。取っ手を大きいくて持ちやすい物に変えれば開け閉めすると思う」とのこと。

そこでネットで手頃な取っ手を探して取り寄せました。早速夫が取っ手を交換してくれました。

替えた写真がこちら。以前の3倍近い直径のつまみで形も突起状からキノコ型になりました。

結果は上々。扉はもちろん、引き出しも使いやすくなりました。こんなに楽になるなら、もっと早く交換すれば良かった…。

夫の大きくて太い指でもスッと動くため、これで少しは開けっ放しも改善しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

絵カード今昔

発達相談は今日が仕事始めでした。冬休みということもあって子どもたちも元気いっぱいです。

この仕事で欠かせないのが絵カード。色々な種類の物を目的に応じて使い分けます。かばんの中にも大量の絵カードが入っています。

ところが時代の変遷の中で変わってしまい、子どもに見せても「?」となってしまう物も。私が仕事を始めた頃古い絵カードで困ったのがダイヤル式の電話とレコードでした。確かに平成生まれの子どもたちはまず目にしない物ですよね。

最近の子どもたちに見せても分からない絵カードの筆頭は電話の親機。FAX付きのことがあるし今時通話は子機や携帯でするためか、親機を見ることがないのでピンと来ないようです。

意外なところではガム。絵カードの多くは板ガムなのですが、ここ数年で市販のガムのほとんどが粒ガムになってしまったので、子どもたちは板ガムを見たことがないのです。

逆にゲーム機とかパソコンとかは分かるようになっているのでしょうね(絵カードにしづらい物品ですが)。子どもにとって身近な物品は時代とともに変化しているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

半襟つけ

昨日は和服を着て外出しました。このシーズンはコートやショールさえあれば和服にはいいシーズンですね。とにかく着ないと忘れるので2,3ヶ月に1度は必ず着るようにしています。

着付けを習いに行っていた頃はそれこそ週に数回着ていましたが、何しろ和服は価格もさることながらメンテナンスにお金がかかる!ここ数年は1シーズンに着る着物を数枚決め、順番に着るようにしています。

今朝は脱いで干していた着物を畳んでしまい、汚れた半襟を長襦袢からはずして洗いました。夜になって乾いた半襟をつけ直しています。これが意外と手間がかかって裁縫が苦手な私は四苦八苦しています。仕付け糸だと糸代も安いしとにかく外すのが楽なので、最近は二本取りした仕付け糸で半襟をつけています。

こういった作業をやってみると昔は女性が針仕事できることが優先事項だったことがよく分かります。昔だったら絶対生きていけないなー。戦前の家事労働についての話を聞いていてもかなり手作業が多いですから、これをこなすには誰か家にいる人がいなければ成り立たないですね。

でも女性じゃなくてもいいのに…とつい思ってしまうのです。まあ、昔は肉体労働も多かったので体力仕事は自然と男性がやっていたのも分かるのですが、家事だってかなりきつい労働なのに一段低く見られるのは男尊女卑的なものも関係しているのかなーと半襟をつかながら考えていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

練習再開

右足はほぼ完治し、左足もだいぶ良くなったので、久々に練習コースを早足でウォーキング。夫は横でゆっくり走っていました。やはり運動すると体がスッキリします。

とは言え走り終わるとやはりまだ左足が痛むので、しばらくは1日おきで早歩きウォーキングをしようと考えています。2月下旬にハーフ、3月下旬にフルマラソンの大会をエントリーしているのでそれに向けて徐々にエンジンをかけて行く予定です。

帰宅後朝食を食べてからアニメ「獣の奏者エリン」のダイジェストを夫とテレビ鑑賞。原作も良かったですが、アニメもいいです。見始めたのがかなり後になってからだったので今回最初の方を初めて見ました。

我が家は夫婦そろって「獣の奏者」ファンですが、改めてアニメの初めの方を見るとエリンってかなり衝動性が強くて過集中だなー、と思ってしまいます。周囲の大人たちはさぞかしハラハラさせられたことだろうとつい思ってしまうのはもう職業病ですね。

そう思う私も同じタイプなのであまり大きなことは言えませんが…。好奇心旺盛なのはいいのですが、痛い目に遭うことも多かったので今でも当時の怪我の跡がいくつかあります。

大人になって自分が教える立場になると、どうやって納得してもらうか本当に悩みます。かと言ってルールを破ることで怪我をされたり法律違反をされても困るので、この辺りのさじ加減はつくづく難しいです。

最近感じるのは体を通して学んだことはちゃんと残るということ。指導の中でもことばと動きを結び付ける課題をすることがあるのですが、言動が一致しているかというのは信用のバロメーターにもなるのでかなり意識しています。そのためにも大人も言動一致しているのが大事ですね。
今年の目標はプライベートはフルマラソン完走なので、目標が達成できるようぼちぼちやりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします。

こちらは今朝のミーちゃん。ちょうど今年は寅年なので我ながらナイスショットです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »