« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

東京都公立学校情緒障害教育研究会特別研究会 夏期研修会

29日に以前「ハートをつなごう」でご一緒した月森久江先生と、こちらの研修会で対談形式で講演してきました。

この研修会は通常学級の先生方への啓発活動の一環として行われているそうです。今回通常級にいた当事者がどのようなことで困っていたかということで、私の体験談を月森先生の指導のポイントなどと共にお話させていただきました。

月森先生は番組で共演して以来、昨年度まで先生がいらした中瀬学級を見学させていただいたりと、支援者の先輩としても色々教わることが多い方です。今回も先生との会話を通して改めて気付かされることがあり、私にとっても勉強になりました。

会場にいらした方は私のこともさることながら、夫との会話もかなり摩訶不思議だったそうで、終了後の懇親会でもスタッフの先生方に夫のことを色々聞かれてしまいました。

東京都でも現在通級指導学級は生徒の人数が増え、先生方も勉強しながら対応されているのが現状のようです。日々の業務の中熱心に研修などをされている様子が伝わってきました。

今後は通常級の担任や、他職種の人たちとどう連携を取っていくかも課題になっていく印象をもちました。特別支援教育が注目を集めている今だからこそ、先につながるシステムをどう作っていくかは本当に大切になります。

懇親会の後は月森先生に誘われて会場近くのジャズバーでライブを少し聞いてきました。こういった息抜きも大事なんですね、と思いながら久々のライブを楽しみました。

この会場ではなんとボイスマネージメント講座の受講者にばったり再会するという嬉しい偶然が!世の中本当に広いようで狭いなぁ、と驚いてしまいました。

この研修会で7月の仕事は一区切り。8月はあちこちの学校にお邪魔することになっているので、また新たな出会いを楽しみにしたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

静岡講演

月曜日、無事静岡でお話してきました。はじめのいっぽの代表をされている野中さんとは以前からメールをやり取りさせてもらっていて、2年前には東京でお会いする機会がありました。

その後地元で保育士さんやお母さんたちとはじめのいっぽを立ち上げたということで、今回立ち上げの講演にお招きいただいたという経緯です。

静岡は発達障害学会で10年ほど前訪れて以来の場所でしたが、駿府城周りの緑の多さは以前と変わらず懐かしかったです。テンプルさんの話を聞きに行った土地で自分が話をするのも不思議なご縁ですね。

今回は支援者の方が多かったそうですが、twitterのお知らせなどを見てわざわざおこしいただいた方もいらしたそうで、本当にありがとうございました。アンケートなども概ね好評だったそうで、主催した野中さんからも「今度はもっと具体的なお話に絞って話をして欲しい」と言っていただけたました。

終了後メンバーの方といろいろお話したのですが、やはり話題になったのは成人後の就労や家事の話題。療育というとつい指導法などに目を向けがちですが、実は日常生活をいかに送るか、という大きな目標を見落としてはいけないと私は考えています。

大人になる過程には必ず挫折することもあるし、失敗もつきもの。時には失敗することも必要だし、ダメなときにどうやって周りに助けを求めていくか、自分なりに逞しく問題を解決していくかといった支援のあり方も考えていくのも大事なのでは?という話題になりました。

野中さんはこの辺りの意見もしっかり持っている方なので、今後もいいお付き合いができそうです。はじめのいっぽは地域に根ざした活動になっていくことと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

いよいよ明日です!

明日はいよいよ静岡での講演です。まだ席が空いているということなので、ぜひお近くの方で迷っている方は是非どうぞ。当日申し込みも受け付けるそうです。

最近twitterにかまけて更新をサボりがちになっています。でもじっくり文章を書くにはやはりブログのほうがいいと思うので、こちらもできるだけ時間を見つけて書くようにしたいと考えています。

最近更新が滞っている一番の理由は、本の原稿の仕事が入っているから。お陰さまで2冊目に加えて、新しく3冊目の企画がスタートしました。まだ詳しくは書けませんが、今度は小さなお子さんがいる保護者向けのものになりそうです。

保護者の方と言えば、この週明けからいよいよ夏休み本番で、忙しくなりそうですね。食事作りや家での時間をどう過ごすか、頭を悩ませる日々が続くとは思いますがいい思い出作りもできるよう、頑張ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

講演&コラム寄稿図書出版のお知らせ

今月は19日(月・祝)と29日(木)に静岡と東京で講演することになりました。

静岡は一般向けなので、お近くで発達障害に関心のある方がいらしたら、是非お越しいただけると嬉しいです。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.nadita.com/asbbs/c-board.cgi?cmd=one&no=34303&id=

29日は東京都の教職員向けの研修会でお話します。以前「ハートをつなごう」でご一緒した月森先生と小中学校で必要と考える支援について発表する予定です。

普通級の先生方の前で話をするのはあまりなかったので、これを機に普通級に在籍する発達障害の子どもたちへの支援について考えてもらえたら、と思っています。

本の方は、コラムを寄稿したものが発売になりました。人材紹介のプロがつくった 発達障害の人の就活ノート(弘文堂)という本です。

著者の石井京子さんは発達障害の方の就労支援を行っている民間会社の社長で、大学の先輩でもあります。今までの本よりも就労について具体的に書かれているので、ぜひ読んでみてください。

本屋に並ぶのは来週の月曜日辺りになるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

後半戦、スタート!

今年もいよいよ後半に入りましたね。今年は前半からいい流れになってきているので、ぜひつなげていきたいものです。

先週は木曜日の夜は経営品質アセッサーフォーラムの基調講演に出かけていました。ビジネス関係はあまりご縁がない世界ですが、講師が一橋大学イノベーション研究センター長・教授 米倉誠一郎 氏ということで参加してきました。

金曜日はtwitterで知り合った大人絵本会の方たちと府中美術館へノーマン・ロックウェルの展覧会へ。私の中では彼の絵は伊勢丹の紙袋というイメージがあるのですが、他にもとてもいい絵がたくさんありました。一緒に彼の絵と似た構図の写真がかかっていて、今のアメリカにもこの絵の中の世界があることが分かりました。

ランチのあとは府中の伊勢丹でお茶を飲みながら色々おしゃべりしていました。大人絵本会のメンバーは絵本が好き、という共通項以外は色々なバックグラウンドのある方たちなので、話していて刺激をたくさん受けます。

やっぱり自分の世界以外の人ともお付き合いしないと、と思った2日でした。

土日は打って変わって大宮ソニックでの日本言語聴覚学会へ。勉強はもちろんですが、元同僚、お世話になった先生方、国リハ時代の同級生たち、そしてその輪から広がって出会った新しい方々と会ってこれまた楽しい時間を過ごすことができました。

今言語聴覚士の世界も発達障害は急速に関心を集めているトピックですが、就労や生活支援についてはまだまだ情報が伝わっていないのが実情です。でも2年前に比べると「就労や結婚といった生活についても情報を知りたい」という話が出てきました。11月に言語聴覚士に向けて話をすることにもなったので、この流れがもっと広がるといいと思っています。

言語聴覚士のスキルはもっと生活に応用出来るし、役に立つものも多いのに、なかなか広がっていないのが大きな課題です。1つ1つ色々な方と協力しながら取り組めたら、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »