« フィンランド特別支援教育視察(その1) | トップページ | フィンランド特別支援教育視察(その3) »

2011年8月21日 (日)

フィンランド特別支援教育視察(その2)

フィンランド特別支援教育視察(その2)
翌日は約300キロの道のりを北上し、いよいよ視察先のユバスキュラ市へ向かいました。フィンランドは有料道路がないそうで、自動車専用道路が市と市を結んでいる感じ。その間はむき出しの岩盤と草木の風景がずっと続いています。あまり変化がない道をずっと行くので途中先生の一人がクイズを出してくれましたが、それ以外の時間はiPadの電子書籍を読んだり寝ていました。

ユバスキュラへ入る前のドライブインで昼食をとり、その後ユバスキュラ市内のホテルへ。午後は自由時間だったため、6人ほどで近くの丘へ行って市内を一望できるタワーに登ってからユバスキュラ大で研究されていた牟田先生から教わった場所でベリー摘み(フィンランドでは法律で所有者じゃなくても森に入ったりベリーを摘んで食べる権利が保証されています)をし、その後湖の周りを一周しました。20110821web_3

夜はディナークルーズということで一周した湖と、運河で結ばれている他の湖なども回る船に乗り、食事をしながらフィンランドの風景を堪能。テレビで見ていましたが、本当に湖の周りにボートが停泊し、サマーハウスやサウナ小屋が点在していて「こうやって自然を楽しめる生活って羨ましい」と思いながら景色を見ていました。

翌日からいよいよ旅の目的、視察研修が始まります。

|

« フィンランド特別支援教育視察(その1) | トップページ | フィンランド特別支援教育視察(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185791/52950357

この記事へのトラックバック一覧です: フィンランド特別支援教育視察(その2):

« フィンランド特別支援教育視察(その1) | トップページ | フィンランド特別支援教育視察(その3) »