2006年9月 9日 (土)

長野旅行(その2)

ペンションの朝食 翌日も薄曇りながらもさわやかな気候。やっぱり長野は東京近辺とは違って暑くても湿気が少ない感じですね。朝は7時に起きて着替えて簡単にメイクしてから朝食。8時朝食だとちょっとのんびりできて嬉しい。メニューは自家製パン、紅茶、ソーセージ、スクランブルエッグ、サラダにフルーツでした。自家製ハニーフレンチトーストもおいしくて、また満腹寸前まで食べてしまいました(危ない危ない)。

10時にドクターが迎えに来てくれる、という約束だったのでメイクや片付けをしつつ、少しのんびりしていたらフロントから「お友達が来ましたよ」と電話。慌ててチェックアウトして無事先生と1年ぶりの再会。白馬のジャンプ台を案内してもらえるとのことで早速出かけました。

白馬ジャンプ台 ちょうどこの日はサマージャンプ大会が夜から開かれる、ということで行ってみたら選手らしき人たちが練習していました。下から見上げるとかなりの高さ。上に登ることもできる、とのことで早速リフトとエレベーターを使って一番上のラージヒルのジャンプ台へ。エレベーターで選手の人と一緒に乗ったのですが(選手は途中で降りましたが)、スキー板も長いし、スキー靴も普通のスキー靴とはちょっと違っていました。ウエアーも想像していたのとは材質が違い、発泡スチロールのシートみたいな感じで心の中で「へぇ~」と思いながら様子を見ていました。

ジャンプの練習風景 ラージヒルの台から下を見るとなかなか圧巻です。上空ではパラグライダーをしている人たちもいて、それも楽しそう。長い階段を降りてノーマルヒルのジャンプ台へ行く階段を上っていると上から水がぼたぼた落ちてきます。どうやら滑りやすくするため水を撒いているようです。見学の台へ行くとジャンプしている選手を上から見ることができてラッキーでした。ジャンプしている様子を見ていると高校生くらいの若い人や女性の選手も何人かいて、テレビで見ているのとはまた違った感じで面白かったです。

しかし見ているとジャンプって飛んでいるというよりは落下している、という方が正確かも。カーブ見ているとジェットコースターの下りみたいだし。どうやって重力に逆らって遠くで落ちるかを競っているんだな、と改めて認識しました。一緒に見ていたドクターも同じことを言っていて、「そうですよね」と妙に共感してしまいました。

しばらく見てから近くにあるオリンピック記念館を見学。もう8年も経ったんですね。マスコットキャラクターとかが懐かしい。うちにこのキャラクターが描いてある「ヤマザキ春のパン祭り」の皿があるぞ、と思いつつ眺めていました。スキーの話などをしつつ外に出て「お昼どこへ行こうか」という話になり、案内してもらってあるお店へ。お昼を食べつつ色々積もる話に花が咲きました。

2時間近く話をしていたら、ドクターが病院から呼び出されたとのことでそこで分かれることに。「今度は冬においで。スキーしようよ」という話になりました。さて、1度しかスキーをしたことがない私は大丈夫なのでしょうか(スクールに行けば大丈夫だよ、と言われましたが…)!?

二葉屋の蕎麦 帰りはまた戸隠経由で帰ろうということになり、ふと気になってお気に入りの蕎麦屋「二葉屋」へ立ち寄ってみたら幸運なことに今日は開いていました。今度こそ、という気持ちでざる蕎麦を注文。やっぱりここの蕎麦はおいしい!私たち夫婦が色々な所のおいしい蕎麦屋を探すようになったきっかけになった原点のお店だけあって、本当に感激しました。限定の10割蕎麦は食べられなかったのですが、それは今度チャレンジすることにしました。

長野に着いたら善光寺に行きたい、と思い急いだのですがここでハプニング。MINIのウィンカーが点滅しなくなるという状態になってしまいました。ちょうどガソリンが切れそうだったのでガソリンスタンドに寄って相談したら市内にMINIの修理ができる店があるとのこと。早速お店の名前を助手席ナビで調べたら電話番号も出てきたので、電話をかけて問い合わせたら(こういう時携帯電話と連動しているので便利)見てくれる、ということなので手動でウィンカーを点滅させながらお店へ行きました。

幸い中古の部品があったとのことで、1時間ほどで修理完了。拝観時間が過ぎてしまったし、ミーちゃんも待っているだろうから善光寺はまたの機会に、ということでそのまま更埴インターへ行き、高速経由で帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

長野旅行(その1)

長野旅行(その1)

我が家のMINI 8日、9日で長野まで旅行へ行ってきました。前の職場でお世話になっていたドクターが長野の病院へ異動になったので、顔を見せに行くついでに山道好きな夫のドライブ欲求を満たすのが目的です。117クーペが修理中なので今回はローバーMINIで出かけました。

前日は手土産を購入し、ガソリンを入れ、HDDプレイヤーにBGMをCDから転送し、宿の資料などを印刷したりと準備に追われていました。夫も仕事が一段落した後、地図を用意したり携帯電話の充電などをするために前日に買い物に出かけて器具を取り付けたりとあれこれ準備していました。

8日の朝はミーちゃんの餌と水を多めに用意し、ごみを捨てていざ出発。夫はドライブ好きなのでウキウキしています。一方私は久しぶりの高速道路なのでドキドキです。夫は去年携帯電話を買い換えた時に助手席ナビ機能付きの物にしたのですが、初めての場所に行くのに本当に便利になりました。融通が利かなくて困る時もありますが、大抵の場合は地図と併用すれば問題ないので助かっています。高速でもジャンクションやインターの時慌てずに対応できました。100キロ近いスピードで1時間以上走るのはかなり久しぶりでしたが、何とか運転できました。

関越道から上信越道へ出て長野インターで高速を抜け、一路戸隠へ。夫婦そろって蕎麦好きなので戸隠の蕎麦を食べるぞー!と意気込んで行きました。しかし険しい山道にMINIはややパワーが不足気味。思いっきりアクセルを踏んでものろのろと進み、時には軽自動車にも負けていました。それでも何とかお昼過ぎには戸隠へ到着。早速蕎麦屋に入りました。

お昼の蕎麦 実は戸隠は7年前にも行ったことがあり、ある人推薦の蕎麦屋が本当においしかったので今回も行こうとしたら何と8日は定休日だそうで今回は別な店に。夫は天ざる、私は天ぷらそばを注文。味は…うーん、天ぷらそばは正直失敗したなぁ。やっぱりお蕎麦は冷たい方がおいしい。胃の調子が悪いので今回は温かいものにしたけど、蕎麦の香りがしないし、蕎麦も柔らかくなってしまっている。天ぷらも私はサクサクしているものが好きなので、衣が柔らかすぎた。夫は「え~、これはこれでおいしいじゃん。僕はやわらかい天ぷらも好き」と言っているので半分近く夫に譲り、夫の天ざるの残りを食べました。天ざるは私もおいしいと思ったので満足。

戸隠神社中社 せっかくだから、と戸隠神社の中社へ寄ってお参りしてきました。神社自体は初めて行ったのですが、厳かな雰囲気でなかなかよかったです。ご神木なども本当に立派でパワーをもらってきました。ここではお守りなどを買い、この機会に奥社も行ってみようかと入り口まで行ってみたのですが、そこから2キロ近く山道を歩かないと奥社へは行けないことが判明し、時間と体力がないため今回はあきらめました。

車に戻ってさらに2時間ほどくねくねと山道を運転して4時過ぎに白馬へ到着。宿泊先のペンションも助手席ナビのお陰ですんなり見つかり、チェックインできました。待合室でお茶とクッキーのおもてなしを受けてから泊まる部屋まで案内してもらいました。とてもオシャレな感じでとてもきれい。トイレもウォッシュレットでした。着いて少し休憩してから貸切の露天風呂へ。石造りの露天風呂で洗い場は同じ材質の石で室内でした。外を眺めながらのお風呂はとても気持ちがよくてのんびりできました。

お祝いのケーキ 6時から夕食。オードブル3品+パスタ+魚料理+肉料理+デザートというボリュームあるコース。肉嫌いの夫は魚料理を2品にしてもらい、「ヤッター!僕だけ特別料理だぞー」と喜んでいました。

デザートは私の誕生日+結婚記念を書いてもらったケーキでした(これは予約時に注文すると作ってもらえます)。おいしいのですが、もうお腹いっぱい…。食後は部屋でゴロゴロして夫が好きな「ルパン3世」のテレビを見ていました。

このままで寝るとちょっとお腹が苦しいので、少しでも消化しておこうと寝る前にもう一度露天風呂に入って休みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月31日 (木)

鎌倉へお出かけ

昨日は鎌倉に住んでいる大学時代の友人の所へ遊びに行ってきました。去年は夫と伊豆旅行の帰りに車で遊びに行ったのですが、今回は1人で電車で行くことに。

幸い夏休み中だったため、平日でもJR東日本の「ホリデーパス」が使えました。これは土休日と特定期間内の1日に限り、2,300円でエリア内の区間が乗り放題という切符です。初めて使ってみましたが帰りの切符を買う必要もないし(まあ、普段Suicaだからあまりこれは関係ないのですが)、場所によっては通常の料金よりも安くなるのでかなりお得感があります。

でもモバイルSuicaだと券売機が使えないのは不便ですね。Viewカードで切符を購入するとポイントが3倍たまるからこういう高額商品はできたらカードで買いたいのに…。みどりの窓口が混んでいたため、結局普通のSuicaにViewカードでいったんチャージし、Suicaで切符が買える券売機で購入しました。

赤羽で湘南新宿ラインに乗り換え、売店で買ったホットの紅茶を飲みながら電車に揺られることおよそ1時間半で鎌倉へ到着。弱冷房車だったので上着とショールと帽子で何とか凌げました。幸い新宿で座れたので紅茶を飲んだあとはひたすら寝ていました。さすがに夏休みも終わりで子ども達は少なめ。横浜で観光客らしき人が乗り込み、ガイドブックを広げていました。こういう情景を見るとやっぱり鎌倉って観光地なんだな、と妙に納得。

鎌倉に着いて友人に電話をかけるとタクシーで行った方が楽とのこと。早速タクシーに乗り込み、友人宅へ。家がお寺のため、手入れされた広い庭を横切ってこれまた広い客間へ。裏(というか、本来はこっちが裏なのですが)では参拝客が来てお参りしている気配がしていて、話し声が聞こえてきます。手土産を渡してお茶とお菓子をいただいてから二人でお昼を食べに外出。おいしいお蕎麦をご馳走になりました。

その後友人お勧めの足裏マッサージを受けに海へ。いやー、日本の砂浜へ行くことが10数年ぶりだったので最近の海の家にビックリ。テレビでは一応見たことがあるので知ってはいましたが、行ってみるとおしゃれなカフェやマッサージ、それにタイ料理の屋台などがあったりと昔ながらの海の家しか入ったことがない者にとっては「へぇ~」の連発でした。

早速足裏マッサージをおしゃべりしながら受けると「足が大分むくんでますね~」「老廃物がたまってますね~」といつもながらの指摘。マッサージしてもらうとゴリゴリと足の中に何が入っているんだ!?という音がしていて、やっぱり体質改善が必要だなぁ、と実感しました。終わると足が軽くなっていて楽チン。カフェで一休みしてから友人宅に戻ったのですが、その間もずっとおしゃべりしていましたが、突然昔のこととか思い出して楽しいひと時でした。

友人宅へ戻って足を洗ってから一息つき、色々お世話になったお礼を言ってタクシーで駅まで。折から土砂降りの雨が降ってきたので慌てて駅へ駆け込み、時間を見ると次の電車まであと15分ほど。「あ、職場とかにお土産買わないと。鎌倉土産ならやっぱり鳩サブレーだよね」ということで駅前の豊島屋へダッシュで行って鳩サブレーを購入。駅へ戻ったら2分ほどで電車が到着したので早速乗り込みました。

途中大船で始発の湘南新宿ラインに乗り換え、そのまま赤羽へ。赤羽で乗り換えて最寄り駅まで帰り、駅まで迎えに来た夫の車に乗って帰宅しました。

「今度は寺巡りがいいかね」と友人も話していたし、次回は着物で鎌倉、というのもいいかなぁ、とあれこれ考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)